ある日の朝、朝ご飯を食べていたら、冷蔵庫にある最後の牛乳を飲んでしまった。さて、冷蔵庫に欠品の指令を入力したら、仕事から戻ってきた時に、冷蔵庫の中はすでにいっぱいになって、品物が勢ぞろいになっているのに気づいた。更に、エアコンと冷蔵庫が一緒にピークを避けて電気を使おうと相談している場面が想像できるのか?(人間が行動するチャンスが益々少なくなって、世界の民衆の平均体重が益々上がるだろう…)

もし本当にこうなると、生活は素晴らしいじゃないか?

 これこそブロックチェーン3.0時代――知能化ユビキタスネットワークの将来の応用場面である。

 1.0から3.0、ブロックチェーンは一つの新しい事物として、人々が不理解だら少しずつ触れつつ、それから好きになるまで、中にはかなり時間が掛かるかもしれないが、技術は生活をもっと美しくする手段であることは間違いない。(皆さん、両手を挙げて、歓声を聞かせてください)

ビットコインを代表とするブロックチェーン1.0時代

 BicCameraは日本の綜合家電売り場である。この会社に一つ特に面白い点は、商品がビットコインで支払いできる。7月1日の時に、当社は日本全土の店舗がビットコインでの支払いにサポートすると発表した。それの7階建ての売り場に、一つのレジに毎日扱うビットコイン支払いの取引が百件にも達している。

 ブロックチェーン1.0は主にデジタル通貨と支払い行為により組成され、主に備えているのは脱中心化のデジタル通貨と支払いプラットフォームの機能であり、目標は脱中心化のためである。

 ビットコインを代表とするブロックチェーン1.0にどんなデメリットと不完全なところがあるのか?

 一、ビットコインの1Mのブロックサイズの原因で、取引頻度が益々高く、人々の需要が益々多くなる状況で、振込みのスピードが益々遅くなっているのである。この問題は容量の拡大で解決できるので、その後のビットキャッシュとビットゴールド、及びビットダイヤモンドが現われた。

 二、デジタル通貨の取引と支払いにしか満足していない機能が原因で、該当アプリケーションは大範囲で生活に普及することができず、日常生活に齎すメリットが非常に限られている。

 この時、スマート契約技術を加えたエテリアムが現われた。(まるで天から降りてきたProバージョン)