金色財経の現場によると、2018FINWISE東京サミットでは、シンガポール国立大学教授、北京大学国家発展研究院特任教授の周宏骐教授が、「デジタル資産が知能契約になるのはイーサネットだ」と講演で指摘した。2.0時代に私たちが持ってきたサプライズと評した。2018年、聡明な人はすべてパブリックチェーンを推進して、この中でも最も難しいのは知能契約で、未来の知能契約はプログラム可能な手形であるべきで、商業の契約と仮想通貨を書き入れます。スマートな契約と仮想通貨を使用して、「商業共生」の「取引構造」を再構築する。ブロックチェーン技術の出現は、業務を減らし、経済効率を変えた小型の組織で摩擦を減らすようにする。すべてのデジタル資産にすることができて、ブロックチェーンで業界急先鋒になることができます。ブロックチェーンは、ネットワーク上で新型の「オートメーション組織」をスマート契約で実現することができる。ブロックチェーンは、ビジネスロジックを増やすことができ、「社会システム」の総価値を拡大します。そしてスマート契約でコミュニティを促進します。