該当会社のヘッジファンドの初のビットコイン基金は2017年12月に2万ドルのマックスに達した後、リターン率は2.5倍を超えた。該当基金は暗号化通貨の空間を「非常に期待しており」、しかも長期基金を設立した。当社は現在の価値は「ブロックチェーンより真実で、基本公正価値は一から二つの数級低い」と認識している。

 Moreheadは、去年シカゴオプション取引所とシカゴ商品取引所にあるビットコイン先物の上場取引は、市場の成熟に伴った、潜在的な空売り資産投資の方式であると指摘した。しかし、彼の口調は非常に楽観的で、彼は、ウォールストリートは暗号化通貨取引を清算する興味が日々高まり、それによって「12ヶ月以内で活気が満ちた暗号化通貨市場が形成する」。

 Moreheadは、2018年年初以来、市場はすでに25%復旧し、将来の一年以内で記録を更新する見込みであると強調した。「ビットコインはその200日の移動平均ラインを下回ったのは非常に重要である、為替はすでに170%も上昇し、65%の高点を脱出しているので、もし100ドルの四回もそれの200日移動平均ライン切り込みポイントに触れれば、285%のリターンが得られる!」

 Panteraの有限共同創始者のなかに機構投資者であるのは10%しかない、しかしMoreheadは、この状況が将来の18ヶ月以内で変化が発生すると予測した、特にSECが引き続き暗号化通貨市場をその管轄範囲に取り入れた状況で、この措置は機構資本が流れ込む「最後の一ケース」を抑制すると思われる。