Hivemind

 HivemindはポイントツーポイントのOracleプロトコルであり、それは精確なデータをブロックチェーンに吸収するので、ビットコインのユーザーは市場の予測を通じて投機することが可能。それによって、知識が社会の中に置ける出現と伝播が革命性の変化が発生するかもしれない。

 Hivemindは占いの本の一ページであり、ポイントツーポイントのOracleプロトコルとして、それは市場の予測を専門的に行っている。

Mimblewimble

 簡単に言えば、Mimblewimbleはブロックチェーンを基礎とする分類帳簿を作成する一つの解決方案である、これは我々が今理解しているビットコインと異なる部分がある。もっと具体的に言えば、Mimblewimbleはサイドチェーンの一種とし、ひいては軟性分岐を通じてビットコイン自身に導入することができる。

 Mimblewimbleはビットコインにおいて我々が熟知しているプライバシー特性の部分に基づいている、その内の一つは機密取引である。それはビットコインの核心チームとBlockstream(業界初のビットコインプロトコル機能の拡大を主旨とする会社)の開発者マルコスビルが共同で開発したもので、現在はBlockstreamのアルファサイドチェーンに配置されている。

 Mimblewimbleの現在の形式は、ビットコインプロトコルと互換性がない。その主な原因は、Mimblewimbleを作業させるために、脚本は必ず取引から除去しないといけないからである。

 しかしこれによってMimblewimbleは全く役に立たないわけではなく、それは一つのプライバシーを重要視したサイドチェーンと完璧にフィットできるかもしれない。

Drivechain

 Drivechianは将来ビットコイン生態システムにサイドチェーンの提供を主旨とするプロジェクトである。Drivechainはサイドチェーンを通じて双方向のリンクを実現できる、Drivechainは通常のサイドチェーンとの主な区別は、最終的にビットコイン取引に必要な情報を提供するのがユーザーなのか、マイナーなのかである。

 このサイドチェーンの思想はオリジナルの暗号化通過をその他の競争相手との競争から勝ち抜かせることができる、それはもっと速い取引確認のスピードを提供したからである。

Liquid

 Liquidは個人のサイドチェーンであり、使用権を獲得しようと思えば、必ずBlokstreamとに問い合わせないといけない。

 Liquedは世界初の連携性サイドチェーンであり、それは快速、機密、安全なビットコイン振込みを保証することができる。それに参与した取引所とその他のビットコインビジネス会社はそれに対応するソフトウェアとハードウェアを配置してLiquidネットワークを組成しているので、それらの会社はいつでもビットコインのシステムから加入または撤退できる、しかも彼らのユーザーにLuquidサイドチェーンサービスを提供することができる。Liquidは取引所にもっと安全で有効的なシステムを提供することが可能。