Bitcoinist:この点を実現するためには、あと何が必要ですか?

PB:教育です。この点はどう強調してもおかしくない。これは変に聞こえるとは分かっているが、今までこの人々を間違った解決方案へ導いたブロックチェーン技術が知ってる人がいない。特に高層決定者。現在各会社にブロックチェーンを研究している人は何れも有能な人で、彼らはこれから決定者を引導しないといけない、だがこれによって、全体のプロセスの足が引っ張られて、最終的に一部の重要な情報がこの過程中に紛失されて、或いは誤解されます。

 実は、アメリカと世界各地の決定者は何れも自分に時間がないふりをしている場合ではないです。今はこんなにたくさんの教育サービス、コンサルティング、検討会、会議、イベントがあって、学習のチャンスが目の前にある、彼らがやるべきことは、これらのチャンスを掴むだけです。圏外に身を置く組織は非常に大きなリスクに直面するでしょ、誰かがようやく行動に出れば、追っ掛ければ済む問題ではなくなりますね。

Bitcoinist:では、この行動に出る人は誰ですか?

PB:誰でも可能性があります、でも規模が小さい銀行が持っている資源と彼らが協議しないといけない利益関係者が比較的に少ないです。縦方向ネットワークを構築するのももっと賢く、もっと有効的で、もっと快速的な策略です。最終的に、ブロックチェーンはあらゆるタイプの取引、支払い、財産、データ、契約を摩擦がなく、もっと快速で信用できるようにする……最初にブロックチェーン技術を採用した人は不公平な競争優勢が与えられ、経済上で競争相手を破り、もっと多くの顧客を惹き付けることができます。

 それは銀行から始まっているが、教育と合作における差は処理しないといけない第一歩です、それは最も重要な一歩でもあります。これこそ私がどうしてニューヨーク市経済発展会社(EDC NYC)と協力して円卓会議を推進し、色んな金融機構を集めて顧客解決方案を討論させた原因です。

Bitcoinist:余りお時間がないと思いますので、最後に一つだけお聞きします。世界暗号化通貨評価報告の分析者の一人として、ご見解を共有して頂けませんか?

PB:私たちはすでに評価作業をほとんど終えていましたが、南米がいきなりどこかから出てきました。今私がそこで仕事していますので、この地区の暗号化通貨がどのように形成したのかを自らの目で見守りました。もしあなたは新しい評価に興味があれば、私が来週ニューヨークにある検討会に参加してもらえばいいですよ。