5-4 マーケット

※指標に関する言葉


ボラティリティー/ Volatility

ボラティリティーは、よく資産のリスクを測定するために使われており、潜在的な収益率の範囲と発生の可能性と関係があり、資産の価格が一定期間内に変動する可能性を測定するための指標である。株式市場と比べて、暗号通貨マーケットのボラティリティーがもっと大きいため、暗号通貨の価格は一日に大きく変動する可能性がある。


供給量/ Circulating Supply

供給量はマーケットの参与者が持っている流通の暗号通貨の総量である。マーケットで販売、売却、取引することができる。ただし、ロック、保留される暗号通貨及び売却不可、流通不可の暗号通貨は、供給量の中に含まれない。


総供給/ Total Supply

総供給は、現在の使用可能の暗号通貨の総量である。マーケットにおいての現在存在しているすべての流通と非流通の暗号通貨の総量である。焼却された通貨は総供給の中に含まれない。通貨を焼却することは、暗号通貨を不確実なところに送る行為であり、非可逆である。


最大供給量/ Max Supply

最大供給量は、暗号通貨の最大数量である。例えば、ビットコインの最大供給量が約、2100 万枚 、リップルの最大供給量は約、1000 億枚。暗号通貨によって、数量の上限がある。例えば、 EOS は最大供給量がないため、ビットコインの数量がだんだんと増えていく。


月に登る/ Mooning

登月とは暗号通貨の価格が大幅に上がることを指す。大げさに言えば、価格が空と月の高さに達していること。


投資収益率/ Return on Investment / ROI

投資収益率(ROI)= (税込年度利益/投資総額)*100%。投資した資本に対して得られた利益のことを指す。投下した資本に対して得られる利益の割合を示し、企業の収益性や事業における投下資本の運用効率を評価する際に用いられる基本的な指標である。


※操作に関する言葉


裁定取引/ Arbitrage

裁定取引とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が 生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した 時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。一般的に、ある現物資産または金融資産が二つの価格があった時に使われて、裁定取引することで低いコストの利益を獲得する。


空売り/ Shorting

空売りは、近い将来に予想される株価の下落に備えて、現在の株価で売って、 将来の値下がりした時点で買って、他から借りていた株を返済しようという意図で行われ、その差額を利益とすることである。


レバレッジ/ Leverage

レバレッジはよく見られている金融制度であり、小さな金額でより大きな金額を動かせることを 意味する。少ない資金で大きな取引量となり、大きな利益を狙える反面、損失も 大きくなる場合がある。最終的に、収益であっても損失であっても一定の割合で増えることになる。


Shilling                                                                                       

Shillingとは、できるだけ多くの人を騙して、この暗号通貨は高い価値があることを信じさせること。価格が上がった時に、その暗号通貨を売却して利益を得る。


パンプ アンドダンプ/ Pump and Dump

「パンプ・アンド・ダンプ」とは、少数の影響力を持つ投資機関や投資家は新聞、テレビやインターネットで、ある銘柄を 煽ることで価格を一時的につり上げる「パンプ(ふくらませる)」をした後、そのつり上がった価格で売り抜ける「ダンプ(捨てる)」を行うことによって利益を得ることを言う。


パンプ/ Pumping

株価についての偽情報を流して、ある 銘柄の株価を一時的に吊り上げることをパンプという。


ダンプ/ Dumping

つり上がっ た価格で売り抜ける「ダンプ(捨てる)」を行うことによって利益を得ることをダンプという。パンプ・アンド・ダンプのターゲットとなった企業の株は、一時的に上がった後、急落してしまい、かなりのダメージを受けることになる。


逆転現象/ Flippening

逆転現象とは、アルトコイン(Altcoin)または他の暗号通貨がビットコインを代替して、価値がもっと高い、流通がもっと頻繁、ブロックチェーンにおいての役割がもっと重要になることを言う。ビットコインは最初の一つ目の主な暗号通貨である。他の大部分の暗号通貨は、価格と技術の面からビットコインと比較している。現状からみれば、ビットコインの代わりに逆転する可能性がある暗号通貨は、イーサ、リップルである。


クジラ/ Whales

クジラとは、セカンダリーマーケットで膨大な量のビットコイン、株式、 ワラントを保有する個人またはグループである。時には その優遇価格に向けて市場を動かして、価格を大きく変動させることができるため、クジラという。

5-5 ツール

※クライアント型のウォレットに関係する言葉


クライアント/ Client

クライアント型のウォレットは、すべてのトランザクション記録を格納することが可能であり、且つ高機能である。


軽量クライアント/ Lightweight Client / SPV Wallet

軽量クライアントはトランザクションの写しを保存しないで、簡易版支払い検証にて実現する。トランザクションは、他のノードへ確認する必要がある。


簡易版支払い検証/ Simplifted Payment Veriftcation / SPV

簡易版支払い検証(SPV)はクライアントの代替のソリューションである。これにより、軽量クライアントは、すべてのデジタル記録をダウンロード、管理しなくても、自身の暗号通貨のトランザクションが正しく記録されることを確認できる。


オンラインクライアント/ Online Client

オンラインクライアントとは、ブロックチェーンのトランザクションにおいて、Webモードを通して第三者のサーバーが提供するサービスを閲覧することをいう。そして、暗号化された秘密鍵にて暗号通貨のトランザクションを実現する。


※ウォレットの種類に関する言葉


ウォレット/ Wallet

暗号通貨のウォレットは様々な形がある。使用者がウォレットを通して、持っている暗号通貨の資産を確認、格納、払うことができる。


コールドウォレット/Cold Wallet

コールドウォレットとはインターネットと完全に切り離されたウォレットのことを指す。秘密鍵、トランザクションデータをコールドウォレットの中に格納することで、バックドアなどの不正アクセスによって仮想通貨が盗まれることがなくなる。コールドウォレットは、暗号通貨を格納する一番安全な方式である。ただし、絶対に安全とはいえない。ハードウェアが壊れ、紛失した場合、暗号通貨の損失をもたらす可能性があるので、シークレットキーのバックアップを取っておく必要がある。


オフラインウォレット/ Offline Wallet

 コールドウォレットのこと。


ホットウォレット/ Hot Wallet

ホットウォレットはネットワークに接続しているオンラインのウォレットである。秘密鍵を暗号化にしてサーバーに格納し、必要となった時に、サーバーからダウンロードしてブラウザ側で復号にする仕組みになっている。ネットワークに接続するので、トロイの木馬などによってハッカーに侵入されて、ウォレットファイルを盗み、ウォレットのパスワードを記録、秘密鍵を復号する可能性がある。そのため、ウォレットサーバーは完全に安全とはいえない。全体からみれば、ホットウォレットはクライアントに制限されないので、使いやすいウォレットである。


オンラインウォレット/ Online Wallet

ホットウォレットのこと。


コアウォレット/ Core Wallet

ウォレットは、ネットワーク(ブロックチェーン)のやり取りを記録するソフトである。ユーザがウォレットを通して、暗号通貨を受け取り、格納、送ることができる。コアウォレットは、全ブロックチェーンの記録を含んでいる。ユーザが暗号通貨を受け取り、格納、送るだけではなく、ウォレット上にプログラミングすることもできる。ビットコインの取引がブロックチェーンというデジタル記録の中に保存されて、全世界の数千人にメンテナンスされている。このデジタル記録が毎日に、増えて、 2016年に 100 ギガバイトを超えることになる。


ソフトウェアウォレット/ Software Wallet

ソフトウェアウォレットはコンピュータのプログラムに設計された設備である。排他機能を用いて、暗号通貨を保護する。ネットワーク(ブロックチェーン)のやり取りを記録するソフトである。ユーザがこれを通して、暗号通貨を受け取り、格納、送ることができる。


ハードウェアウォレット/ Hardware Wallet

ハードウェアウォレットは、ビットコインを処理するための専用のスマート設備である。ハードウェアのインターフェースを通して、暗号通貨の秘密鍵をハードウェア設備の中に格納して、ハッカーに攻撃されることを防止する。オフラインウォレットの概念と類似している。


ローカルウォレット/ Local Wallet

ローカルウォレットは、秘密鍵、トランザクションデータをローカルに格納することを指す。例えば、パソコン、スマートフォンや他のローカル設備。シークレットキーの格納位置を指す。その概念は、オンラインウォレット、オフラインウォレットと異なる。


ペーパーウォレット/ Paper Wallet

ペーパーウォレットは暗号通貨を移転する方法であり、ビットコインの取引に必要な公開鍵と秘密鍵を紙ベースで保管することである。「ペーパーウォレットツール(Paper Wallet Tool)」画面に入れば、ウォレットアドレスが1セット生成される。受信した人がサポートしているサイトで、紙に載せているシークレットキーの情報を入力すれば、受け取ることができる。一般的に、ペーパーウォレットに、QRコードが印刷される。ユーザがQRコードをスキャンすることで、暗号通貨をウォレットの中に移転して、速く取引することができる。


階層的決定性ウォレット/ HD ウォレット/ Hierarchical Deterministic Wallet / HD Wallet

階層的決定性ウォレットとは、一つの親公開鍵を作成することで、サブ公開鍵をすべて生成し、且つメインの秘密鍵をペーパーウォレットの方式でローカスに格納、バックアップすることを指す。セキュリティ、記帳、バックアップと権限制御の面で、伝統的なウォレットより優れている。


※データストレージに関する言葉


コールドストレージ/ Cold Storage

コールドストレージは、暗号通貨を「オフライン化」にする過程である。暗号通貨を金庫に保存することと類似し、容量が大きい、性能要求が低い、コストが低い長期保管媒体で集中的にコールドストレージを保管する。セキュリティと信頼性を確保することを目的としている。現在、暗号通貨のコールドストレージの方式は主に以下の三つがある。

1.ハードウェアウォレットを使用する。

2.ソフトウェアウォレットの中のQRコードを印刷して、且つそれを安全なところに保管する。

3.ソフトウェアウォレットの中のファイルを USBの中に保存し、且つそれを安全なところに保管する。


オフラインストレージ/ Offline Storage

即ち、コールドストレージのこと。実際に、オフラインストレージであるが、インターネットに接続する必要があり、ストレージのアドレスをオンラインストレージに送る。


ホットストレージ/ Hot Storage

ホットストレージは、暗号通貨を「オンライン化」にする過程である。暗号通貨をウォレットの中に格納し、ネットワークに接続することで、ノードに頻繁にアクセスされるデータをネットワークに入れて、計算する。高頻度に使用されるデータを速く、取得することは目的である。


オンラインストレージ/ Online Storage

即ち、ホットストレージのこと。


5-6 発行

発行/ Emission

「発行」が発行曲線、発行率と発行時間とも呼ばれる。新しい暗号通貨を作成、発行する速度である。多くの暗号通貨で、定期的に、定額の暗号通貨を作成するメカニズムが設けられて、発行率を通して、測定することができる。一部の暗号通貨において、暗号通貨作成の総量が制限されている。即ち、最大供給量のこと。

エアドロップ/ Airdrop

エアドロップは特定の市場または特定のプロジェクトで自身が保有している通貨を一定のルールに基づいて、配布することである。新しい暗号通貨が作成されて、ユーザグループを取得する方法をエアドロップという。


フォーセット/ Faucet

フォーセットは人々が暗号通貨を保有する意識を高めるために、無償の新型のサイトやアプリケーションのことである。ビットコインのフォーセットは無償でビットコインを獲得できる新たな手法であり、国外で流行っている。簡単な検証コードを入力するだけで、固定時間帯で一定の割合のビットコインを稼ぐことができる。


IBO / Initial Bounty Offering / IBO

IBOは一定時間内に、新たな暗号通貨を公開、発行することである。この過程によって、時間をかけて、暗号通貨コミュニティの作成に貢献した人に、暗号通貨を配布する。プロジェクト前期でインセンティブを付与する方式である。 ICOと違うのは、IBOは 購買と売却の過程ではなく、精神的な投資である。


※発行金額に関する言葉


ソフトキャップ/SoftCap

ソフトキャップは、暗号通貨のICOの投資者から得た最低金額のことである。ICOは限られた時間で新しい暗号通貨を人々に公開し、販売することを指す。もし、 ICOがソフトキャップの金額に達成できなければ、資金が元のパスに沿って、投資者へ返却される。


ハードキャップ/ Hard Cap

ハードキャップは、投資者がICOから得た最大金額のことである。


ヒドゥンキャップ/ Hidden Cap

hidden capは、暗号通貨が新規仮想通貨公開(ICO)において、投資者から受け取った金額の未知の制限である。hidden capの状況と制限値は開発チームが作成したもので、富んでいる投資者が大量の資金を投資することを防止することを目的とする。これによって、小口投資家にお金を新たな暗号通貨に投資する機会を与える。


※発行ラウンドに関する言葉 


クラウドファンディング/ Crowdfunding

クラウドファンディングは、発起人、投資家とプロットフォームから構成されるものである。入りやすい、多様性、大衆の力を頼り、創新を重視する特徴を持っている。不特定の公衆から資金を募集して、発起人や組織をサポートすることを特定の目的とした行為である。


シードラウンド/ Seed Round

シードラウンドはブロックチェーンプロジェクトの創業期の投資のことである。チームから、製品のアイデアを提出したが、実際の製品がない。資金を出して、製品を実現する必要がある。プロジェクトが立ち上がった後の一回目の融資であり、ベンチャーキャピタル分野のシードラウンドの概念と類似している。


エンジェルラウンド/ Angel Round

エンジェルラウンドは、エンジェル投資家を通して融資を得ることである。プロジェクトが立ち上がった後の一回目の融資であり、融資の額がシードラウンドより高い。約、数百万人民元ぐらいである。


私募のラウンド/ PE Round

私募のラウンドは広義にはシードラウンド、エンジェルラウンドとICO発行前の各ラウンドの融資を指す。私募のラウンドは、外部に公開せずに、特定の機構や投資家だけに対して発行する。


公募のラウンド/ Public Offering

公募のラウンドはブロックチェーンにおいて一般的に ICO段階を指す。ICO段階は一般的に数十日続き、いくつかの融資のラウンドに分けて、それぞれに割引を与える。そして、融資の規模によってハードキャップとソフトキャップを設定する。


新規公開株/ Initial Public offering / IPO

新規公開株は、企業や株式会社が証券取引所を通じて初めて上場して、株式を売買し、資金を調達する行為のことである。


新規仮想通貨公開/ Initial Coin offering / ICO

ICOとは、ブロックチェーンプロジェクトが初めてトーコンを発行して、ビットコインやイーサなどの暗号通貨を調達する行為である。ICO は株式会社の IPOの概念と類似している。暗号通貨やデジタル通貨のために、資金を調達する方法である。参与者は、プロジェクトの潜在的な価値を重視している。クラウドファンディングはその本質である。


IMO / Initial Miner Offering / IMO

IMOはICO 、IFOとはまったく異なるものである。ICO と IFOは暗号通貨を保有する前提で マイニングリグを使ってマイニングすることである。 IMO  はブロックチェーンの中のコンセンサスを使って発行することである。専用的なマイニングリグを発行し、このマイニングリグでマイニングすることで新しい暗号通貨を生成して、規制を回避する。


イニシャル・フォーク・オファリング/ Initial Fork Offering / IFO

IFOは、新規仮想通貨公開と異なるものである。IFOは、主流の暗号通貨をベースにして、分裂する。分裂する前に、主流の暗号通貨を持っていれば、同量の対応のフォークコインを獲得することができる。つまり、別の仮想通貨のこと。IFO技術者が技術的な手段を用いて、ビットコインなどの主流コインを分裂する。分裂されたコインが一定の割合によって、ビットコインの所有者へ配分し、且つ取引を通して、利益を得る。また、デジタル資産取引所を通して取引することもある。


 ※ICOに関する言葉 


エンジェル投資家/ Angel Investment

エンジェル投資は、権益資本投資である。富裕な個人が独特な技術やアイデアを持つオリジナルプロジェクトや小規模の創業企業やチームに資金を投資して、一過性の前期投資を行うことである。


ベンチャーキャピタル/ Venture Capital

ベンチャーキャピタルは権益資本投資の一つである。金融機関が新興発展の、巨大な潜在力がある創業チームや企業に、ベンチャー投資することを指す。ベンチャーキャピタルは、商品と技術の市場的潜在力と社会的価値、その長期的な価値を重視する。会社が軌道に乗って、プロジェクトが成長できれば、企業価値評価を高めることができる。


プライベート・エクイティ/ Private Equity

プライベート・エクイティは少数の機関投資者向けに、非公開の形で証券を発行、資金を集める機関のことである。プライベート・エクイティの販売と買収の業務は、基金の管理者と特定の投資者が協議する形で行われる。


Delegated Investment

2017年9月4日、中央銀行7省庁が「暗号通貨の発行による融資リスクを防止する公告」が発表されて、IOCを不法募金行為に定義された後、国内の一部の人が自分のデジタル資産を「Delegated Investment」の投資者に任せて、暗号通貨の投資を行うようになった。「Delegated Investment」が不法行為で、且つ取引が秘密なので、虚偽、詐欺が生じる発端になっている。


連鎖販売取引/ MLM Organizations

連鎖販売取引は偽りのプロジェクトや会社を人の目を騙して、人に参加させる不法組織である。連鎖販売取引では、管理者は既存会員が紹介した新会員の数量によって、既存会員に報酬を払う。新しい会員が一定の費用を払って会員になる。連鎖販売取引の日常活動は、洗脳と新会員を紹介することである。


※ホワイトペーパーに関する言葉


ホワイトペーパー/ White Paper

ホワイトペーパーは、暗号通貨の用途と技術を説明するためのドキュメントである。通常、暗号通貨が白書にて、人々に提供している内容を説明する。また、投資家も白書を通してプロジェクトの重要な情報を理解することができる。簡潔明瞭の白書は、新しい暗号通貨におけるよい兆しともいえる。


要旨/ Abstract

要旨は暗号通貨の技術においてよく見られている。最初の部分に置いてファイル全体を簡単に説明するためのものである。


ロードマップ/ Roadmap

ロードマップは、予定完成日を示しているケジュールである。組織の長期的な目標を表している。ロードマップをみれば、組織がお客様に何を提供したいか、何になりたいかを容易に理解することができる。


概念実証/ Proof of Concept / POC

概念実証は、新しい概念や理論、原理など が実現可能であることを示すための簡易な試行である。一通り全体を作り上げる試作( プロトタイプ)の前段階で、新しいアイデアなどの実現可能性のみを示すために 行われる、不完全あるいは部分的なデモンストレーションなどを意味する。ブロックチェーン分野において、プレリリース版の別称である。