今日は、霹靂熊猫(GMTK)が6月末にゲーム内測定を完了すると発表した。情報によると、GMTKは霹靂熊猫ゲームシステムのプラットフォームを構築する基礎である。それはゲーム内の仮想資産の記憶、取引、両替、移転、流通、権益の属性と流通価値を持っている。霹靂熊猫(GMTK)の「ペット養成+ペット競技+マイニング収益」の3位一体型ゲームモードで、現在のところブロックチェーンゲーム不足と娯楽要素が欠けているが、ゲームの快感を体験するとともに、ペットの成長や競技に伴う継続収益を得ることができる。その技術チームは、主にヨーロッパとアジアの関連分野の先端人材で構成されており、イーザゼロ(EtherZero,略称ETZ)の全技術チームを融合させることに成功した。その投資機関は、Global Fortune Investment、Tc Capital、Dragon Fundなどの7社の有名な投資会社である。