(一)ビットコイン振込メカニズム

 1、ビットコインの振込メカニズムは銀行と良く見ている。まずは現実生活中で振込をする時にどんな手順が必要なのかを整理しよう:オンラインバンクの口座にログインする――使用するカードを選ぶ――振込金額を入力する――相手の入金口座を入力する――手数料の差引き(銀行が処理した後の送金書を待つ)

 2、ビットコインの振込を比較しよう:ウォレットにログインする――ビットコインのアドレスを選択する(これな30桁のアルファベットと数字により組成された文字列である)――振込もうとするビットコインの数量を入力する――相手のビットコインウォレットのアドレスを入力する――ビットコインサインを署名する――手数料を入力して、マイナーのパッキング処理を待つ(銀行と違うのは、我々は自分で手数料の額が入力できる、手数料を支払わなくてもよい)

(二)マイニングするために必ず習得しないといけない6つの名詞

 1、マイナー、どうして「マイナー」と呼ばれるのか?ビットコインの振込メカニズムの中で筆者は「手数料を入力して、マイナーのパッキング処理を待つ」と書いたが、その定員を競争(パッキング処理)する機構或いは個人が、マイナーと呼ばれる。

 2、マイニング(英語:Mining):ビットコインネットワークの中で、計算力を競争して記帳権を奪い取りことによって新しく生成するビットコイン奨励が獲得できる。その作業原理は鉱物の採掘と良く似ているので名前を得た。また、マイニング作業を行うビットコインの発掘者もマイナーと呼ばれている。

 3、計算力:全ての振込記録は全て10分間単位で一つの32桁のハッシュアルゴリズム(暗号化アルゴリズム)が生成してブロックとしてパッキングされる、そしてマイナーはマイニングマシンを利用してハッシュアルゴリズム(ランダム計算)を解答するので、簡単に計算能力として理解すればよい。ビットコインの数学問題を解決するには、コンピュータに頼ってランダムなハッシュショックをするしかない、一秒間でできるハッシュショックの回数こそは、「その計算力」の代表である。現在主流のマイニングマシンは10T(10の13乗のハッシュショック)前後の計算レベルであり、このコンピュータがこの数学問題を解答できる確率の演算式は:マイニングマシン計算力/フルネットワークの総計算力=問題を解答する確率。

 4、ワークプルーフ(Proof-of-Work、略称PoW)、記帳が成功した後、マイナーは取引を1ページの帳簿に記録して、ネットワーク全体のビットコインが持っている人に同期する。このマイナーは最初に今回の正確な答えを計算したため、このマイナーがワークプルーフを貢献して、記帳する権利がある人であると証明でき、他の人もこのページの帳簿にも同意する。このようなコンセンサスメカニズムは「ワークプルーフ」と呼ばれ、簡単に言えば、働いた分だけ収益が多くなる。

 5、スタックプルーフ(Proof-of-stake, PoS):ビットコインの所有権の署名であり、このネットワークで所有しているトークンの数量に基づいて記帳権を競争する、所有する権益が大きいほど、次の記帳者になる確率も大きい。ある程度コンセンサスの達成時間を短縮し、大量なエネルギーを消耗しなくてもマイニングができる。簡単に言うと、所有が多いほど、収益もおおくなる。

6、ブロック:ビットコインネットワークは巨大な帳簿であり、ネットワークが平均で10分間おきに新しいページの帳簿が誕生する、この10分間以内の全ての振込記録がパッキングされて32桁のハッシュアルゴリズム(暗号化アルゴリズム)を生成して、この10分間にパッキングされた帳簿こそ一つのブロックである。