次の世代のブロックチェーンはどうなるのか?

 ブロックチェーンの3.0時代がやってきたかどうか?この問題について、圏内では色んな言い方がある。

 「ブロックチェーン:新しい経済展望」の中で、MelanieSwanはブロックチェーンの応用を三つのレベルに分けた:

1.0:ビットコイン及び関連のバーチャル通貨。

2.0:スマート契約。

3.0:通貨と金融以外、他の領域におけるブルックチェーンの応用、政府、健康、文化と芸術などを含む。

 「ブロックチェーン2.0」からこのようにMelanie Swanの観点を解読する:ブロックチェーン2.0のスマート契約技術はブロックチェーンの一つにグ術手段である。但し、ブロックチェーン3.0に触れたのは、主に応用場面の差異化である。なので、3.0と2.0で分割するのは少し無理がある。なので本文はそれを二つの部分に分けるように主張する:1.0はビットコインとバーチャル通貨の応用であり;2.0時代はバーチャル通貨以外のその他の応用である。

 先週の文章で紹介したhttp://SCRY.INFOプロジェクトのように、このプロジェクトの中で、真実なデータはプロジェクトにある製品として視することができ、該当プロジェクトでデータ取引を行う個人と企業は不特定な複数の対象である(不確定な複数の人が参与する)。

 3.0時代の応用は主に業界の応用に反映される、具体的には政府、健康、科学、工業、文化と芸術領域の応用である。業界の応用にサポートするのは、ブロックチェーンのプラットフォームが必ず企業レベルのプロパティを備えていないといけないことを意味する。

 ブロックチェーン3.0の場面について、今後は下記方面のアプリケーションが現われる可能性がある:

 自動化購買。ブロックチェーンで一つの自動化の納品プロセスを設立して、契約の執行プロセスを追跡し、それから納品の時間、場所、数量、品質など情報に基づいて自動的に全額支払、一部支払い、補助金、罰金を完成する。

 このプロセス中に関連する購買側、納品側、物流、銀行などの各側が連携する、これこそ3.0時代の取引の特徴の一つである:参与側は不特定の複数の対象であること。

 知能化ユビキタスネットワークのアプリケーション。もしある日、車が汚いと思い、携帯に、「どの時間に、車がどの場所に行って自動洗車してから戻ってくるように」とのオーダーを入力してから帰宅した。食事、休憩、テレビを見てからドアを開けると、綺麗になっている車が車庫に止まっている。

 これこそ3.0時代である、グロックチェーン技術を職能設備への監視、管理に使用できる。

 供給チェーンの自動化管理。これについては現在すでにいつ部のアプリケーションが現われている、例えば農産物、高級品、ワインなどの供給チェーンとブロックチェーンが組合わせたアプリケーション、主に商品の真実性の認証と遡源問題を解決する。

 例えばWeiチェーンは、国内初のブロックチェーン技術に基づく本物身分セキュリティ識別と透明供給チェーン管理のプラットフォームであり、遡源と真実性の問題が実現できる。

 これらのアプリケーションは各業界に関連し、我々の日常生活にも繋がることができる。

 もしかしたら、ブロックチェーンはいずれ今のインターネットと同じように、我々全員が毎日依存して、頻繁に使用している回数と我々の生活に対する影響の深さによって人々が馴染んでしまい、それを忘れて、見落としてしまうようになるかもしれない。

 この日が、さほど遠くないと思う。