仮想通貨市場は、2018年に入ってから非常に冷え込んでいる状況が長く続いている。2018年初頭から、巨額のハッキング事件やTether疑惑など、仮想通貨市場の根幹に直接影響を与える問題が多発していることが原因の1つと言えるだろう。

 

そして、アメリカ最大手の仮想通貨取引所coinbase の取引高は最近になって大幅に減少し始めた。

 

・coinbase の取引高減少について

仮想通貨の取引は、頻繁に売買を行うアクティブユーザーが多ければ多いほど取引高は高くなる。つまり、アクティブユーザーの減少は、取引高の減少につながり、仮想通貨取引所の利益に大きく左右すると言えるだろう。

 

2018年と2017年の年末を比較した場合、取引高に差があるのは当然だ。上昇市場と下降市場の違いだけでなく、2018年は仮想通貨市場に対する人々の不安が表面化したと言える。

 

しかし、coinbase は従業員を増加させたうえで、資産運用会社であるブラックロックとの提携も行っている。つまり、仮想通貨市場が下降気味になったと言ってもcoinbaseは危うい状態ではないということだ。

 

そして、coinbaseのアクティブユーザー減少という事実は、日本も無関係ではなく、むしろ、2018年は仮想通貨市場の悪い点を日本が世界に対して示す形になったともいえるだろう。日本の仮想通貨市場が世界の仮想通貨市場から、孤立するという状況も考えられる。

 

 

今後の仮想通貨の価値については、両極端な意見が多い。価値の高騰に繋がる要因はいくつもあり、企業や政府機関がその要因をどのように評価するかによって仮想通貨市場の勢いは決まってくる。

 

対して、価値の下落については、現在抱えているスケーラビリティやブロックチェーンの互換性の無さなどの問題が表面化することによって、崩壊と言えるような大暴落が起きるとの見方がある。

 

アクティブユーザーの減少は、仮想通貨取引所に取って由々しき問題だ。しかし、coinbaseに至っては、戦略を練ったうえでの人員強化、提携を行っていることから、市場に大きく期待していると言える。取引高のみでなく、仮想通貨市場のアクティブユーザー数にも注目していこう。