このチームの主要発起者の一人であるTrace Meyerは、最近のツイターでこの理念をまとめた、彼は、政府はユーザーが将来ビットコインの所有を阻止しようとする可能性があると主張している。彼は、通貨の供給量を増加するのはインフレを通じて没収する手段であり、インフレは代表性或いは法律プログラムがない税収形式である。ビットコインが形成した新しい方式であっても、「マイニング」はゴールドに対する比喩である。ビットコインは中央銀行により発行したものではなく、ブロックチェーンを維持する作業を通じて、ネットワークによって作成されたのである。マイナーが最近の取引の有効序列を発見し、ビットコインプロトコルの難題を解決した時に、マイナーは「トークン基礎取引coinbase transaction」が得られ、ビットコインがマイナーの口座に振り込まれる。一部の暗号化通貨が作成され、最終供給の中から控除される。

 当然、参与者が如何にリターンを得るのかは、時間の推移に伴い変化が起こる。ビットコイン創始者の中本聡(Satoshi Nakamoto)が2009年1月3日に初めてのビットコインブロックを開発した時に、彼は最初の五十個のビットコインを創造した。初めての「半減halvening」或いは奨励が減少が発生した時に、この奨励が他の209,999個と変わりがない。これは人を訝らせるものではない。ハードコードのスケジュール表によって、210,000個のブロックが生成されるたびに、ネットワークはブロック奨励を50%減らしている。2016年7月最近の一回のブラック取引の後、現在の奨励は12.5ビットコインである。これは、400万のビットコインしか残っているが、ネットワークがこの目標を達成するのに必要な9年間以内では最終供給に達するのができないと意味する。半衰退期の到来に伴い、通貨のインフレ率は供給の成長の足を引っ張ると思われる。

 ビットコインのプロトコルに変わりがない(平均で10分間おきに一個の新しいブロックを採掘して、しかもスケジュール表と供給上限も変わらず)と仮設した場合、2140年5月にならないと、最後の新しいビットコインが採掘されないと思われる。この点を考慮して、この道標も認めたときに、図表はもう一つの良く見られる論点を暗示した-ビットコインのプログラミングの運行時間が長い。ウォレット供給業者であるCasaのチーフ基礎施設エンジニアのJameson Loppは、ビットコインは分割可能であるので、全てのビットコインの中の最小部分が見た目で無限の価値があると注意した。彼は、1,700万個のビットコインはたくさんあるように聞こえるが、非常に貴重なので、今の億万長者にとって、完全なビットコインを所有するのは不十分である。ラッキーなのは、全てのビットコインが一億の聡(satoshis)に分けることが出来る、なのでいつももっと多くのほかのチャンスがある。

 しかし、ビットコインの愛好者は他の癖もある。まず、ビットコインは永遠に2,100万個の単位に達することがない、なのでプロトコルに変化が発生しない限り、全体の供給量は少なくとも一個減少する。これは2011年5月17日、マイナーの「深夜の呪い」は原因不明だが、49.99999999個のビットコインを奨励として要求し、50個ではなかった。また、澄まさないといけないのは、ビットコインは2,100万のビットコインが生産される時に運行停止にならない。その時となると、彼らの考えは、マイナーは単純に自分らがすでに取得している費用を通じて補償をえることになる。(一部の学者はこのような市場が実践において役割が果たせるかどうかを予測しようとしているにも関わらず)。たくさんの問題が解答されておらず、この事件はビットコインが歩まないといけない道がまだまだ長いと再度人々に注意したのである。