2.ビットコインの価格が安定していない

 ビットコインの価格は非常に不安定であるのは、全く争議がないのだが、充分な理由もある。人類歴史で初めてパスパートが安全で、脱中心化だり、あらゆる中央銀行に指示されなく、あらゆる実物資産もない通貨が現われた。もしビットコインがすでに安定したら、もっと驚くべきである。波動性の問題は時間の推移に伴い自分で解決するかもしれないが、ビットコインの市場価値が法的通貨或いはゴールドと同等にされることができるようになったら、ビットコインの波動性はもしかしたらゼロになるかもしれない!

 暗号化通貨は世界で最も波動性と投機性がある資産ジャンルであるので、もしビットコイン或いはその他の暗号化通貨に投資したら、自分が投資しているのが何であるのかが知るべきであり、自分が損失が負担できる資産だけに投資するべきである。損失が負担できる資産に投資するのは、逆に非常に貴重なもの:時間を齎してくれる。もし時間があれば、価格が低い時に仕方なく売らないといけないこともなく、しかも弱気相場を含めた市場周期から脱出できる。

3.ビットコインがエコーではない

 2009年、中本聡はマイニングを始めた時に、一台の簡単なノートパソコンさえあればマイニングができて、平均で10分間で一つのブロックが出来上がり、現在の全く違いがない。ビットコインのアルゴリズムの中で、それは情動的にマイナーが解決する暗号化難題の難しさを調整して、ブロックを認証して奨励を取得することができる、これこそ恐らく10分間の時間でブロックをマイン人グすることである。ビットコインネットワークに添加される資源が多いほど、難度も高くなる。この難題はビットコインネットワークを世界で最も強くて最も安全なネットワークにした。

 マイナーはプロのマイニング設備で数十億ドルも投資しており、これはビットコインが非常に価値がある原因である、その理由は設備上の投資はユーザー数量の増加或いは取引回数の増加によるものでないためである。ビットコインに価値がある限り、会社は必ずマイニング設備に投資することによって奨励を取得しようとする。マイナーは大量の電力を消耗して彼らの設備を運行しているのは、厳しく批判されていることである。電力コストはマイナーの主要経営コストであるので、彼らはずっと世界各地で廉価な電力を探している。過剰な電力があるところに、通常電気代も安い、このような情況は通常大量なリサイクルエネルギーがある国にある、なので、例えば過剰な水力発電がある国では、マイニングが齎す影響は上記に述べたように最悪ではない。

 ビットコインの価格が9,000ドルになって時に、ビットコインネットワークの年間コストは46億ドルであり、その内電気代に使用される部分が相当ある。この成果こそブロックチェーンであり、世界にあらゆる既存のコンピュータ或いは技術でも突破できない。

 ビットコインが環境保護者の攻撃するターゲットになったときに、伝統的な法的通貨システムが環境保護に対する奉仕も完璧ではない。多くのエネルギーも専門的にデータセンターの運行、銀行ネットワークの設立とサポートと帳簿のプリントアウトなどに使用されている、アメリカ連邦備蓄銀行だけで年間7億ドルをドルの帳簿のプリントアウトに使っている。ビットコインは攻撃されるターゲットになる理由は、それが消耗する電力を指摘するのが比較的に観点で、伝統的な法的通貨の消耗は見つかりにくいためである。

4.40%のビットコインが1,000人に握られている。

 もう一つの疑惑は、40%のビットコインが1,000人の手元に握られているそうで、実際は、これは単純な推測である。我々は確定できるのは、現在2,400万個のビットコインウォレットがある。当然、一人当たりに数百個のウォレットを持つことができるかもしれないが、一つのウォレットも数千人或いは数百万人のビットコイン(例えば取引所)に属するかもしれない、それによって、ビットコイン所有者の財産集中情況に対するあらゆる分析でも不可能である。

 最も多くのビットコインを持っている二つのウォレットはすでにBitfinexとBittrexのコールドウォレットと確定されている。しかし原始データを見た人はこの二つのウォレットに所有者は億万長者だとしか簡単に推断しない、実はこの二つのウォレットにあるビットコインはこの二社の取引所の数百万のユーザーに属するのである。取引所機能を使用する時に、取引所は顧客の為にブロックチェーンで専属のウォレットを設立したりせず、取引所はすべに中に保存されたビットコインと一人のユーザーからもう一人のユーザーに移しただけである。

 一方、毎回取引があったときに、多くのウォレットは一つに新しいアドレスと設立するようにしている。これはハードウェアウォレットが持っている人がもし1個のビットコインを受け取ろうとした場合、5回に分けて、毎回0.2個のビットコインが届くかもしれない、つまり5つの違うアドレスが生成する、我々はこの5のアドレスが実際同一の人に属するかどうかを知ることができない。ビットコインの世界にある財産の高度の集中はすでに現実になっているかもしれないが、現時点ではこれに関する争論を終わらせる信用できる証拠がない。