はじめに

 2017年以来、「ブロックチェーン」は社会注目度が極めて高い言葉になり、「ブロックチェーン投資」と「ブロックチェーンアプリケーション」はグローバル経済のホットポイントになっている。しかし、違う人が場合によって言っている「ブロックチェーン」の意味が一致していないので、「ブロックチェーンは何なのか」、「何ができるのか」、「将来の発展傾向」などに対して重大な分岐が存在する。

 私は「ブロックチェーンとは何なのか?」という文章で「ブロックチェーン」の意味を討論した、「ブロックチェーン」はハッシュ関数、分散式帳簿、ブロックチェーン、非対象暗号化、ワークプルーフ、スマート契約などの一連の技術により実現されているが、これらの技術でブロックチェーンを命名するべきでなない、「エンジン」、「タイヤ」、「スクラッチ」で「自動車」を命名できないのと同じように、機能から出発して、「自動車は一種の交通道具である」と解釈すべきである。

 機能から見れば、「ブロックチェーン」が実は新しく現われた、人々を組織して経済活動を行う方式である。その根本的な特徴は脱中心化の方式で大規模な経済活動を取組むことである。なので、「ブロックチェーン」を、一連の技術によって実現した大規模で、脱中心化の経済組織モードであると定義すればよい。この画定に基づくと、現在の社会で「ブロックチェーン」に対する理解にたくさんの誤解があり、ブロックチェーン産業の発展にマイナス的な影響を及ぼしている。