ギャラクシー・デジタルは、アメリカの巨大な仮想通貨ファンドだ。そして、創業者であるマイク・ノボグラッツ氏は、ビットコインの時価総額について金を簡単に超えるという見解を示した。

 

金は資産を運用に関して、大きくその価値が変動しないことから有用な資産運用として人気がある。そして、ビットコインが金を超えるには825兆が必要となる。つまり、Bitcoin の価値が著しく向上する必要性があると言えるだろう。

 

もちろん、現状ではビットコインの価格に関して絶対的な要素を行うことができない。理由としては、中央集権型の取引所の危うさを多くの人々が知っており、ピークは過ぎたとすら言われている。もちろん、法定通貨への信用性だけでなく、仮想通貨の信用性も将来的にはさらに安定する必要性があるだろう。

 

法定通貨に関しては、各銀行や中央銀行が法定通貨の代わりとして発行する計画もあり、法定通貨の信用性が将来的に薄れる可能性は高いと言える。理由としては現状でも個人間決済が進んでおり、日本を除く先進国ではクレジットカードによる支払いやデイビッドカードによる支払いが一般的となっている状況にある。

 

加えて言えば、国によっては国の中枢システムを担うものにブロックちゃん技術を使用しているものも少なくない。法定通貨やユーロのような共通通貨の価値は、将来的に永遠にその価値を保証するものではない。もちろん、法定通貨の価値が存在意義が嫌いだとしてもビットコインがその役割を担うとは断言できない。しかし、デジタル通貨と法定通貨の境界線は、将来的には消滅する可能性が高い。

 

大企業による仮想通貨協会の進出は、法定通貨だけでなく、仮想通貨による将来性を見越した上での選択だ。今後、仮想通貨を取り巻く状況は法的にも変化していくことが予想できる。その上で国などの単位だけでなく、個人としてどのようなシステムを使用し、自分の資産を保有するのか決定していく必要があると言えるだろう。