ビットコインのマイニングとは何か?

ビットコインのマイニングとは、特定の暗号数値を求める(ハッシュ値を計算する)方式を通じて、最終結果を算出することが出来た人にビットコインの報酬を与える過程である。この過程において、設備(演算装置)、エネルギー消費(電力)への投資が必要となる。この過程を金を採掘するように見えるため、「マイニング」と呼ばれる。

その本質は、ビットコインネットワークの取引台帳に情報を記録、メンテナンス、ハッシュ値を求めることでビットコインを生成(鋳造)する過程である。

 

ビットコインのマイニングはどのような取引であるか

 

八文字で形容すれば、

「ベアマーケットの時はコインを貯蓄し、ブルマーケットの時はコインをもうけること。」

マイニングリグへの電力投資は、一般的に法定通貨で決算する。しかし、獲得したビットコインを法定通貨に換金しようとしたときに、以下の三つのパターンになる場合がある。

1. ビットコインの価格が下落した場合。もし、この時に換金すれば、投資収益率が落ちる(法定通貨で決算)ことになる。この時、ビットコインを保有して、価格上昇を待つのが一般的である。しかし、注意しなければならないのが、ビットコインが長期的に伸びるかもしれないが、現時点で流通性が制限されるので、換金しにくく、塩漬け株に似ている。

ビットコインの価格が下落した時、エネルギー消費の低いマイニングリグにメリットが現れる。電気代の支出は、マイニングしたビットコインを現金にして支払うので、コイン価格が低ければ低いほど、多くのビットコインが必要となる。そのため、この時、エネルギー消費が高かったマイニングリグの電気代が総収益を占める比率(略称:電気代収益比率)は急速に上がることになる。一方、エネルギー消費が低かったマイニングリグの電気代収益比率の上昇が緩やかになる。

2. ビットコインの価格が安定している場合。この時に、予想した投資収益率が実現しやすくなる。一般的に、マイニングリグの出資金回収速度と年間収益率を計算する時、コインの現在価値を基にして、予想収益を計算するからである。

3. ビットコインの価格が上昇した場合。この時に、ネットワーク全体のハッシュレートの増加を重点的に考えなければならない。マイニングは利益を追求する行為である。そのため、ビットコインの価格上昇はハッシュレートの増加を起こす可能性がある。

 

例えば、(2016年11月-2017年10月)の期間、ネットワーク全体の計算難度は3.7倍が増えた。同じ時期、ビットコインの価格は6.28倍が上がった。(約88.563円から727.720円に)

(2017年5月-2017年10月)の半年間で、ネットワーク全体の計算難度は1.13倍が増えた。同じ時期、ビットコインの価格は2倍が上がった。(275.002円から727.720円に)

(2017年8月-2017年10月)の二か月間で、ネットワーク全体の計算難度は30%が増えた。同じ時期、ビットコインの価格は71%が上がった。(523.300円から727.720円に)。

全体からみれば、ハッシュレートはビットコインの価格上昇に従って増加することになる。且つ、ハッシュレートの上昇幅が普通の場合、ビットコイン価格の上昇幅より遅が出る形となる。

 

取引における遅延の原因については、以下の可能性がある。

1. マイニングのハッシュレートへの投資は、本来はビットコインの価格によるものである。また、マイニングリグの供給がよく需要に追いつかないので、商品先物として注文する必要がある。そのため、マイニングリグ投資の考えから、実際にマイニングリグが動くまで、一定の時間差が存在する。

2. ビットコイン価格の変動が大きい。また、すべての投資者はビットコインの価格が長期的に伸びると思っているわけではない。短期的な利益を追求する人が多い。多くの場合、価格の下落による塩漬けのリスクを引き受けたくないなので、マイニングリグ投資の収益率が十分に高くなるのを待っている。——充分な時間的余裕を取っておき、コイン価格の下落に応対している。

 

実例解説

前文はビットコインマイニングという取引モデルの仕組みを紹介した。次は実例を踏まえて解説する。

 

筆者は最近、以下のような投資に参与した。

ある型番のマイニングリグを30台購入した(発注予約にて80日後に出荷)。工率2000W、ハッシュレート11.5TH/s、単価104550円(電源を含み)。マイニングリグのコストは合計で3.136.500円を投入した。

マイニングリグを友達のマイニングフォームに預託していた。マイニングフォームの電気供給は、約5円/kWhである。マイニングフォームの預託料は、出資金取り戻す前に0とし、出資金取り戻す後にマイニングしたビットコインの純利益の30%とする。

このデータによれば、BTC.com のマイニング計算器を使って算出した一年間の予想収益率が以下のようになっている。


 

上記に示したように、第一年度の投資収益率が431.51%となっている。しかし、また下記のことを考える必要がある。

1. 出資金取り戻す後に、マイニングフォームは30%の預託料をもらうので実際の予想収益率が100%+331.51×0.7= 332%となる。

2. 注文したのが発注予約なので、出資金を投入して80日ぐらいを待ってからマイニングリグが入荷、稼働開始、運行することが可能になる。年度収益率を計算する時に、この80日間も考慮しなければならない。計算した結果は332% /445/365) = 272%となる。

3. 上記の計算において、マイニング難度増加の幅が0と設定されている。しかし、これは現実には明らかにありえない。ネットワーク全体のハッシュレートがずっと増えているからだ。ハッシュレートの増加は一般的にコインの価格上昇と関係があるので、法定通貨で投資収益率を計算する場合、ハッシュレートの増加とコインの価格上昇の関係を分析したほうが良い。

前文に述べたように

201611-201710月)の1年間で、ネットワーク全体の計算難度は3.7倍に増えた。同じ時期、ビットコインの価格は6.28倍に上がった。(約88.563円から727.720円に

20175-201710月)の半年間で、ネットワーク全体の計算難度は1.13倍が増えた。同じ時期、ビットコインの価格は2倍が上がった。(275.002円から727.720円

(2017年8月-2017年10月)の2か月間で、ネットワーク全体の計算難度は30%が増えた。同じ時期、ビットコインの価格は71%が上がった。(523.300円から727.720円)。

 

上記の数値では不足気味かもしれないが、大体ハッシュレートとビットコインが共に上昇する傾向を見せている。ハッシュレートの上昇幅がコイン価格の上昇幅より遅れている。投資したマイニングリグのハッシュレートが決まったので、マイニングしたビットコインの数量は、ネットワーク全体のハッシュレートを占める比率とほぼ対応している。(大きなマイニングプールに預託すれば、収益の安定性が増えることになる)したがって、もしネットワーク全体の計算難度は1倍が増えるならば、マイニングしたコインの数量がもとの半分に減少する。この時、ビットコインの価格も共に上昇し、ひいてはネットワーク全体の計算難度の上昇幅を超える可能性がある。コインの価格上昇は、マイニングしたコイン数量の減少による損失をカバーできる。

 

4. ビットコインの価格変動のリスク

上記の収益率の計算モデルは、ビットコイン価格59500円を前提としている。

中には、ビットコインの価格暴落のリスクを心配する人がいるかもしれない。確かにビットコイン価格市場に関しては変動が大きいので、このリスクを考慮しなければならないのは事実だ。ビットコインが長期的に伸びていくことを確信(このコインを充分に理解した)上で、コインの価格が下落しても塩漬けにするだけだ。しばらく、コインを売却せず保持して価格の再上昇を待つ。損失したのは元金ではなく、流動性だけになる。

 

5. 実際の収益率は272%に限らない。

マイニングの収益は毎日分配(一定期間ごとに分配を選択することも可能)されるので、すでに得た収益は再投資に使っても良い。

大まかに計算すると、仮にハッシュレートの増加で起こした損失は、ちょうどコインの価格上昇の収益でカバーできるとしたら(これは仮想であるが、現実にはハッシュレートの増加で引き起こされたマイニング量の損失は、コインの価格上昇で補填できることは限らない。また、収益が日々変動するので、コイン価格が下落して直ぐに換金できない場合もある。)、また、日々の資金収支が平均で、尚且つ安定していれば、一日当たりの現金の収益は —— 3136500×272%÷365 = 23.373円となる。

このプロジェクトの利益を日々の資金収支の時間価値の等差数列にすれば、以下のようになる。

23.375円×364+23.375円×363+...+23.375 円×2+23.375×1=23.375×365/2=23.375円×182.5

即ち、この年で毎回出る収益23.375円は(年間にして8.531.875円を)、平均すると半年の時間価値があるということだ。もしこのお金を他のプロジェクトに投入すれば(仮に年間収益率がX%とする)、全体のマイニングプロジェクトの収益が272%+ (8.531.875×X%/2) / 3.136.500 となる。注意しておくべきことは、収益で再投資をして得た収益もこのマイニングプロジェクトの収益率に計上する必要がある。これはもともと、マイニングプロジェクト自体の高収益率と高頻度の収益分配で派生した収益であるためだ。

よって、もし政策のリスク、自然災害や人為的な災禍など他のリスクが発生がなく、またビットコインの長期的な価値を維持することができれば、上記の計算から得た収益率は実現可能であるといえる。



結論

 

 

もし、ビットコインのマイニングに投資したいであれば、以下の条件を考慮しなければならない。

1. コインの現在価格によって(電気代、マイニングフォーム預託費用、マイニングプール費用などを差し引く)理論上の収益率を計算する。この投資率は受け入れられる範囲であること。

2. この投資収益率でマイニングリグのモデルチェンジのリスク、政策規制のリスク、マイニングフォームの自然災害や人為的な災害などのリスク、ネットワーク全体のハッシュレート急増のリスクマイニングフォームとマイニングプールの預託管理者の信用喪失のリスクを考慮できること

3. ビットコインの価格が長期的に伸びることを確信して、コイン価格が下落した時、しばらく流動性を放棄し、コインを保持して価格上昇を待つことができること。(つまり、即時に換金が望ましくない場合。)

もし上記の三つの条件とも受け入れることができれば、ビットコインのマイニングという取引を考えても良いだろう。もし、いずれかの条件が受け入れられなければ、慎重に考えたうえで、マイニングに参与してたほうがいいだろう。