今日早朝、BTCは昨日の横這いの傾向を継続し、7650 米ドル付近で細かく調整されており、主流通貨の多くが下落し、上昇が少ない。1. グローバルデジタル通貨市場の時価総額が3443億米ドル、24時間の取引高が147億米ドルである。 2. BTC現在のグローバル平均価格が7664米ドル、3つの主要な取引所のHuobi.proでの価格が7647米ドル、OKExでの価格が7676米ドル、Binanceでの価格が7640米ドルである。  3 『世界通貨』のデータによると、他の主流通貨のパフォーマンスは以下のようである: BCHの暫定価格が1140米ドル(-0.11%)、ETCの暫定価格が15.2米ドル(-0.58%)、ETHの暫定価格が602米ドル(-0.72%)、LTCの暫定価格が120.58米ドル(-0.55%)である。 4.『世界通貨』のデータによると、市場価値トップ 20 の通貨のうち、5つ上昇し、15個下落した。前三位上昇したのはEOS(+2.26%)、HT(+1.28%)、OKB(+0.57%)である。市場価値トップ100の通貨のうち前三位上昇したのは:DGD(+19.57%)、SNT(+11.64%)、DCR(+8.21%)である;前三位下落したのはCENNZ(-5.07%)、NPXS(-4.91%)、WICC(-4.65%)である。 5.コンセプトプレート24時間データは7つ上昇し、14個下落した。上昇した前三位は:資産取引(+3.4%)、支払コンセプト(+2.93%)、デジタル経済(+2.55%)である。下落した前三位は2018ワールドカップ(-4.82%)、匿名通貨(-3.49%)、サイドチェーンコンセプト(-3.18%)である。6.ビットコインCBOEの6月契約の最新オファーが7660米ドル、ビットコインCMEの6月契約の最新オファーが7650米ドルである。