Insidebitcoinsの報道によると、「ウォールストリートの仮想通貨の王者」と称されるバート ・ スミス氏は規制の項目が明確になると、機関投資家は仮想通貨の市場に参入すると予測しているという。スミス氏が経営している投資会社サスケハンナ インターナショナル グループは2014年からビットコインに投資し、2017年拡大した。会社の毎日のビットコイン先物取引量が平均2億米ドルである。スミス氏はCNBC のインタビューでは、機関投資家は規制が明確になるのを待っており、その後仮想通貨市場への扉を開けると示した。彼は「透明な規制により、金融機関は他のどの機関よりも効果的に参加することができ、金融機関は不確実性に投資することを好まないため、私たちは現在、最も慎重な方法で仮想通貨に投資しています。」と述べた。