価格の暴騰はもっと多くの人の注目を惹き付けることができるといわざるを得ない:

 実際レイプルコインは相当長い時間で中心化とxrp保存量の余りにも大きな争議に悩ませられたので、ずっと以来その価格の成長は他の暗号化デジタル通貨に比べると痛し痒しであった。しかし最近の一ヶ月は暴騰で形容しても過言ではない。具体的な例を挙げると、もし今年の1-4月に1万円のxrpを購入したとすれば、今の時点で、xrpの資産価値は47万~50万になる。もし2016年に1万円を投入したら、今の資産は最高で500万前後に達す。なので、xrpは控え目の収益コンバインであると言わざるを得ない。

 Rippleはなぜ今年で特にこの一ヶ月での上がり幅が大勢の人の予期を超えたのか、その原因はたくさんある:

 1)550億のxrpはようやく正式に第三者暗号化委託管理口座に入れ込まれ、55個の契約に分けられ、毎月10億のトークンを発行する。たくさんのニュースはこの10億が市場へ投入されると発表しているが、これは誤解であり、rippleが投入したこの10億のトークンは主に卸の価格で連携銀行或いは会社機構に売られ、直接市場に売り込まれるのではない。

 2)Rippleは絶えず更なる脱中心化を目指している。Rippleは現在すでに60個の認証ノードを持っている。先年rippleが中心化だと非難されたは取引を認証するノードは何れもripple lab自信にコントロールされているのが原因である。しかし、確か6月だった頃、レイプルはネットワークの中にテストに合格した認証器を添加すると発表した、その用途は、新しく増えた認証ノードを監視し、それらの運行が「コンセンサスプロトコル、正常の運行時間」に符合しているかどうかをチェックし、それから身分認証と公開認証を行い、さらに将来の18ヶ月の内に、二つの第三者認証ノードがテストに合格し、上述の基準に符合すれば、レイプル自信がコントロールしている認証ノードを淘汰し、それがRCL中の大半の受信ノードがコントロールできる単一な運営業者がいなくなるまで続く。実際はビットコインの脱中心化の基準に達するために、RCLは16個の受信認証器があれば十分である。つまり、RCLはビットコインの基準に符合しているだけではなく、将来は他の共有チェーンの脱中心化のレベルも超えると思われる。ビットコインの計算力分布図を見てもらえばHashrate Distributionが分かるのだが、現在ビットコインブロックチェーンの中で、70%以上の計算力がわずか5社のマイニングプールに握られている。これは最大の5社のマイニングプールが手を組めば、いつでも51%攻撃を起こして取引をロールバックすることができると意味する。エテリアムネットワークでは、この数字がむしろもっと低く、わずか3社のマイニングプールでブロックチェーンをコントロールすることができる。なのでrippleは将来の脱中心化における優勢が益々明らかになるかと思われる。