ブロックチェーンは価値ネットワークとして、オンラインのデータは何れも需要の存在によって、資産として定義される、即ち需要こそが価値。データは将来で最も貴重な資源であり、データの量は個人或いは組織の富を決める。実際、全ての生きている個体は、何れも色んな方式でデータを創造している、特に充分の採集器を所有した後に、これらのデータは何れも資産の方式で、固体にフィードバックする。

行為こそマイニング

 全員の行為は、何れも一つ一つのマイニングの動作に細分化され、コミュニティにエネルギーを貢献する。人の行為自身はエネルギーの釈放であり、呼吸と同じように、本質上は酸素と二酸化炭素のエネルギーの転換である。類似した社交行為は何れもブロックチェーンとハードウェアの結合によって、測定可能なエネルギーの転化過程となり、絶えずコミュニティ生態にエネルギーを提供する。現在のマイニング行為こそ、ブロックチェーンの記帳にサポートし、ブロックチェーン生態の生息を支えた。

トークンこそ奨励

 あなたが所有している全てのトークンは、何れも某動作の有価奨励である、働いた分だけ所得があり、エネルギーは永久である。トークンの本質的な作用こそは価値の考量、価値の保存と価値の流通である、普段の出勤と同じように、仕事は利益結果を追求する連続性動作であり、給料は法的通貨の形で顕われる、つまりこの連続性動作の有価奨励である。このような奨励メカニズムの砕片化とシームレスの細分化は価値社会に最も充分な想像を与え、これこそはブロックチェーンが大活躍する根本的な原因である。

流通証明こそが信用

 一つのトークンは一つの信用値を代表し、それは価格ありの信用証票であり、自由で流通できる。トークンは一つの権益証明であり、その上で主体の責任と権利及び資産の帰属を明記している、あなたの身分証明書、観光地の入場券、伝票、株式なとと同じように、何れも某垂直場面における信用記録である。トークンは顆粒化した信用値であり、それは無限に細分され、cryptocurrencyを加えることによって、

全てのデータ、事物、行為などに金融属性の付着物を与え、自由で融通が利いて、全チェーンで流通できる。

ノード即ちルート

 将来、全てのハードウェアはチップとアルゴリズムの二重植え込みで、データの採集ポイントと流通ポイントになる、即ちルートの充分砕片化である。もしこれらのハードウェアの延伸は一個一個の実物になれば、我々の身近の全ての物品がノードになる可能性を意味する、これこそユビキタスネットワークがブロックチェーンにおける意義であり、今大活躍している遡源技術であっても、その本質は商品にノード価値を与えて、ユーザーの行為軌跡を追跡し、いわゆる偽造防止の訴求は、データ採集を隠しているに過ぎない。ある程度は、ブロックチェーンとユビキタスネットワークが手を組んでルートを定義しなおしており、ひいてはビジネスのルート歴史もここから更新されるかもしれない。

コンセンサスことが法律

 コミュニティメンバーの行為を規範化にするのはみんなが妥協して形成したコンセンサスであり、認可すれば発行し、反対したらアウト、擁護したら奨励し、違反したら懲罰される。伝統的なビジネス組織の中で、企業文化と会社の制度は、その柔軟さと硬さで、組織の前進を推進している、そしてこれらの文化と制度は、多少創始者個人の基因の現れであり、いわゆるお尻が頭を指揮する。このような中心化のメカニズムは、ある程度会社の発展を決定した。

 ブロックチェーンの全ての特性は一つの生存法則のようで、これはこの技術が世界に人気がある原因であり、存在すれば合理的である。将来のブロックチェーン技術は我々にどんな世界を齎すのかは、誰もしらない。だが、間違いなくブロックチェーンは大きな変革を引き起こし、将来は少しずつ人々の性格の各方面に融合すると思われる。