エミレーツ通信社によると、ドバイ市政府のパートナーであるアラブ首長国連邦情報技術企業エティハド・デジタル・テクノロジーは、7月30日にブロックチェーン技術を通じて、ドバイのB2Bプロセスのコストを今後5年間で40%削減すると発表したという。さらに、ドバイのデジタル通貨と異なる法的通貨の取引と流通をサポートする。