このほど高新区党労働委員会書記、白雲区委員会書記の柳明進書記は、記者のインタビューを受けて、まず1つ目に「一二三四五六」の構想を堅持することを表明した。そして4という数字で、大規模データシステム、人工知能、モノネットワーク、ブロックチェーンの4つの戦略ポイントを強調し、6という数字については、「6つの融合」を推進すること、すなわちインターネット、すなわち大容量データ、クラウド計算、人工知能、モノネットワーク、ブロックチェーンは実体経済、ガバナンス、党の深い統合の構築を目指す事を強調した。