WECCの公式情報によると、WECCプラットフォームの新しいバージョンが6月に正式に配信される。古いバージョンと比べて、新版WECCプラットフォームは「著作権登録」の機能を最適化し、「著作権取引」、「著作権カスタマイズ」と「オリジナル登録」の3つのモジュールが追加された。これによりますと、WECC PC端とH5端の登録機能は現在、開発が完了しており、著作権登録、作品アップ、著作権許可、支払いなどの機能版は80 %が達成されており、著作権カスタマイズ、ユーザーセンターなどのプレートも計画どおりに進めており、6月10日に内部審査を行う予定です。また、WECCラインのワールドカップの競争は、来週にオンラインになる。相場の表示では、WECCの現価は0.0648元で、上昇幅は0.28 %である。