フランスハードウェア暗号化通貨ウォレットメーカーのLedgerは1月19日に7,500万ドルをスムーズに融資したと発表した。

 注目してもらいたいのは、今回の融資はブロックチェーン関連業界において、最大な伝統リスク投資Bホイール融資である(ICOを含まず)。

 今回のBホイール融資はDraper Esprit、Draper Associates、ドラパードラゴン(Draper Dragon)とBoost VCの四軒のDraper Venture Network基金が投入した。同時にFirstMark Capita、Cathay Innovation 和とKorelya Capitalなどの基金もBホイール融資に参与した。

 市場がLaeger製品に対する需要の成長に伴い、該当投資は会社の業務規模を著しく高めることが出来るかと思われる。

 ハードウェアウォレットとは一体何なのか、どんなメリットがあるのか?

 皆さんがご存知のように、全てのビットコインアカウントは何れもプライバシーキーに「護られている」、つまり、プライバシーキーさえあれば某アドレスにあるトークンを移すことができる。逆に、もしプライバシーキーを不注意で紛失した場合、ウォレットにあるトークンが全部パーになって、誰も引き出すことができない。なので、プライバシーキーの重要性が言うまでもない。

では、プライバシーキーを保存する途中に、どんなリスクがあるのか?

 二つある:一つは自分が自分のプライバシーキーを忘れた、もう一つは人にプライバシーキーを盗まれた。

 「パスワード(プライバシーキー)を忘れる」のを防ぐ為に、パスワードを数箇所におくことができる、だが、こんなに秘密なパスワードを数箇所に置くと、今度は人に盗まれるリスクが増える。

 「プライバシーキー盗難」を防ぐために、多くの人が方法を考えた:プライバシーキーにもう一回暗号化して、保存する。もちろん、プライバシーキーがもし123456であれば、このようなくだらないパスワードも役に立たない。見た目が文字化けのように見える高レベルのパスワードで保護しないといけない-つまり、まだ一つ目の「パスワードを覚えるのが難しすぎる」という問題に戻った。

 しかし、頭を抱えるのは、正確に暗号化したとしても、アカウントに依然としてリスクがある:

 一つはプライバシージーの漏洩(例えばウィルス)、分かりやすく説明すると、自分の金庫の合鍵を作る時に、ついでに泥棒にも同じものを作ってあげたのと同じである。

 もう一つのリスクはプライバシーキーの重複の使用である。さっきの金庫の例をそのまま使うと、金庫の位置がどこにあるかが知っているし、しかもその位置を変えたこともないことも知っている。

 つまり、ハードウェアウォレットはほとんどの自分の「うっかり」によって招いた問題を解決できる、例えばパスワードが覚えられない、ウィルスに感染されたなど。だが、PIN(ハードウェアウォレットのパスワード)が覚えられない、地震や火事によるハードウェアの損壊、犯罪者に強迫されてPINパスワードを伝えたなどの問題を解決することができない。

 バーチャル通貨の参与者の増加に伴い、それに関連する安全性も更なる挑戦を受けている。バーチャル通貨投資者は現在新しいスタイルの取引所、マネジメント業者とウォレット提供側に直面し、その安全性と参与者の信頼度を高める大量な機会があり、そしてLedgerこそはこのチャンスを狙ったのである。