政治科学者のNathalie Mezza-Garciaによると、フランス領ポリネシア政府と協力して「フローティングプロジェクト」を展開し、島に仮想通貨を基盤とする経済を持つことを目指し、「創造的なコミュニティ」を作成することを目指している。このプロジェクトは、「Varyon」の仮想通貨で島に300の住宅を建て、気候による難民を収容する。現在、このプロジェクトは、海洋家協会(Seasteading Institute)とBlue Frontiersの慈善寄付によって寄付され、後者は仮想通貨Varyonを販売する。