NGO組織は今までずっと政府と企業、業界間のコミュニケーションと連携の橋頭堡と重要な通路であり、社会経済において「第二の政府」の役割を果たしている。「一帯一路」などのグローバル化政策の進行に伴い、NGOは「国家間、民衆間」の接着剤として、間もなく全く新しい発展のチャンスを迎える。しかし、それと同時に、社会体制、運行モードなどの要素の制約を受け、NGOの発展は「資金募集が困難、組織が緩い、透明度が低い」などの核心難題に直面している。

 これらの難題を解決するため、426日、世界初のNGOブロックチェーンプロジェクト「NGOT」が正式にTOPBIC取引所でオンラインした。これはエテリアムerc20に基づくスマート管理プロトコルであり、NGO組織の透明化管理、融通が利いた運行、及び組織間の融合式発展に重要なコンセンサスとメカニズムを提供した。それはNGO組織の発展に三大の歴史性変革を齎すと思われる。

NGOの「バーチャル上場」にサポート、価値のキャッシングを実現

的最大利好,

 情報インターネットは「ウィメディア」を派生し、権威メディアが情報に対する独占を打破し、技術がある人或いは組織が情報の創造者になるチャンスを与えた。そしてブロックチェーン時代では、NGO組織に齎した最も大きなメリットは、それが「価値キャッシング」の実現にサポートし、資金募集が困難である核心難題を解決できることである。

 NGOTプロトコルに基づいて、NGO組織は数量限定で自分に属するデジタル基金を発行することができ、会員が該当デジタル基金を購入したあと、それを所有するか或いはプラットフォームで会費の上納、賛助或いは寄付の行為を行うことができる。デジタル基金はNGOTプラットフォームでたくさんの実用なき能がある、例えば任務を発表して助けを求め、人脈資源の交友行為、合作の機会を求めるのとNGO組織間の交流などに使用できる。だが、最も重要な機能はそれの投資機能にある:供給と需要の原理に基づいて、デジタル基金の数量は一定であるので、組織が益々発展していくについれて、加入したいメンバーが多くなり、組織が発行したデジタル基金が少しずつ値上げして、最終会員は賛助支持を投資に変えることができる、同時にNGO組織はデジタル基金の発行を通じて「バーチャル上場」を実現し、専属に「金融体系」を設立して、迅速に資金を収穫して、人材の募集、管理の改善或い

は投資理財などに使用でき、本当の意味でメンバー事業体に利益を与え、良性発展を実現できる。