金色財経の現場によると、「2018連盟ブロックチェーンの未来及び瑞鎖科学技術ブロックチェーン製品発表会」では、瑞鎖科技技術総監によると、瑞鎖科技技術総監の柳子一さんは、こう指摘した。ブロックチェーンの構造やシステムは、独立した知的財産権を持つものである。業務調整であろうと、生産の変革においても、fabricに基づくより柔軟である。中国のブロックチェーンの標準が登場した後、国内の底辺のブロックチェーンはもっと価値がある。中国のブロックチェーン会社は、その99 %以上の技術はすべてfabricに基づいて、彼らの応用する制限は業務の拡大に従って体現していくことができますが、彼らが改造する実力は有りません。瑞鎖科学技術は3つの宝を生み出して、十分な状態ではないかもしれないが、すでに成功の見込みを切り開いています。