CoinDeskニュースによると、裁判所の記録は、リップル(Ripple)の訴訟の代表二人は元米国証券取引委員会(SEC)の官僚であり、そのうち一人は元出席だったメアリー・ジョー・ホワイト(Mary Jo White)である。ホワイト氏とアンドリュー・セレスニー(Andrew Ceresney)氏は投資者のRyan Coffeyが5月に起こした訴訟の中、リップルを代表していっるという。