Cointelegraphの報道pによると、ヨーロッパ経済研究センター(ZEW)は、銀行、保険会社、金融部門の専門家300人をアンケート調査で調べた。13 %の回答者は、2020年までにデジタルマネーを使ってコーヒーなどのような商品を支払うができると答えた。23 %の回答者はこれをアメリカと日本で実現することができると示し、21 %が2020年までにデジタル通貨で音楽を支払うことができると信じているが、日本やアメリカでは楽観的で、それぞれ24 %と35 %だった。このほか、2020年までにドイツで自動車をデジタル通貨で購入できるとしているのは6%で、日本とアメリカの可能性は13 %と15 %と予想されている。