発展途中国がデジタル経済を実現しようと思えば、ブロックチェーン技術はまさしく彼らのベストチョイスです。例えばブラジルですが、この国はもっと伝統的なブロックチェーン支払いシステムを探ろうとしている、しかし大半の発展途中国が欲しがっているのは暗号化通貨取引所の可能性です。たとえインドであっても、私は信頼できる暗号化通貨取引所を見つけてビジネスモデル方面のコンサルティングを提供しようとしています。

Bitcoinist:でも私はロシアとベラルーシのブロックチェーン加速器が利いたことがありますが、これは彼らもアメリカと同じようにブロックチェーンの応用を追求しているということではないでしょうか?

PB:面白いね、そんな話をしたのか?私も実はロシア、ベラルーシとウクライナとかの国の加速器の設立にコンサルティングを提供しています。これは彼らが今考えているものですが、実際は、あらゆるブロックチェーンを統合しようと思ってもかなり長い時間が必要です。これは我々がアメリカで見ている銀行がブロックチェーンを統合する時に現われた問題と同じです。

Bitcoinist:ブロックチェーンと金融は確かにお互いの共同発展が促進できるようです。少なくとも早期では、これは疑うまでもないことです。では、さっき仰っていた問題とは何ですか?

PB:うん、たとえあなたはブロックチェーンを設立したとしても、他のたくさんの利益関連者と協議して、彼らにあなたのブロックチェーンを受け入れてもらわないといけないです。しかもこのブロックチェーンが整備されているとしても、もっと重要なのはそれにシームレスの統合を行う企業コミュニティが必要、これは明らかに非常に難しいことであって、特にたくさんの利益関連者がある大きい銀行にとって尚更です。

 この点及びどんな原因があるのかについて、彼らは今のところ横方向のネットワークしか考慮していない、この計画がとっても宜しくないと思います。

Bitcoinist:解釈してもらってもいいですか?

PB:もちろん。横方向のネットワークは全ての銀行をネットワーク全体で平等にさせたが、これらの銀行が直接競争するから、一連の問題が起こります。同時に、もう一つの問題も現われた、つまり、誰がそのフレームを構築するのかです。明らかに、お互い競争している銀行はその中に加入したいわけがないです。

 このような状況では、縦方向のネットワークがもっといい選択肢です、それは銀行を含めた全ての利益関係者を全部供給チェーンに含ませたからです。なので、もし顧客が小売業者の処から物を買う時に、小売業者は縦方向ネットワークの一部に属し、そうすると直接銀行に伝達されます。これは全ての人、顧客、小売店、ホテル及び銀行にとって、何れももっといい解決方案です。最初にこの点を意識した人は、相手を破って、成功できると思われます。

 横方向の銀行は地区銀行に提供するかもしれませんが、その前提はこれらの銀行がお互い連携することです。実際は、いい解決方案を提案することによって、彼らは大きい銀行と競争し、しかも大きい銀行より優れる可能性さえあります。この点を実現するのも簡単、その理由は地区銀行の利益関係者が比較的に少ないからです。