EOS開発者はEOSの基礎にクラウドNetworkを導入し、EOSコア設計の真髄を維持する上で、クラウドネットワークを通じて技術的な手段を利用して最適化し、EOS承諾の百万TPSの目標を実現する。EONに基づくtokenは、各取引所で、100個以上のEOSを持つユーザーの財布になります。