大手、米Amazonは特許商標局から新しいストリーミングデータプラットフォームの特許を獲得した。この特許については、ストリーミング方式でリアルタイムのビットコインに関する取引データをユーザーに購読または受信する形でサービスを提供することが出来る。また、このデータ間に関してはブロックチェーン技術によって暗号化されている。

 

このデータプラットフォームはビットコインの取引やインターネットの小売業者の物流アドレスを結びつけることで、複合的な要素を含む新しいデータとして公表することが出来る。また、この複合的なデータは法執行機関でも利用することもできる。例えば、グローバルなビットコインの取引データを取得し、異なる国や地域に応じて分類、それぞれのISPに基づいてビットコインに関連図けられたIPアドレスとロジスティックスアドレスを見つけることが出来ます。それだけではなく、この特許技術を利用して、開発者が異常なトランザクションを検出、または警報を出すこともでき、これは企業がほかのリアルタイムビジネスの運用における意思決定を支援することが出来ます。

このシステムにより企業や個人は、販売サービスのストリーミングデータをよりよく活用することが出来るようになり、ユーザーは関連データを購読することもできます。

Streamer社のHenri Pihkalaの発言“ストリーミングデータプラットフォームは新しい考えではありませんが、暗号化されたトランザクションの組み合わせは斬新なものであり、全く新しい分野を作り出すでしょう。”

Amazonがこのストリームデータ特許を拡大することを決定した場合、間違いなくこの市場における他の「分散型」プラットフォームに対して大きな競争上の脅威をもたらすことは想像に難くないであろう。