ビットコインレンガ運びとは?

 ビットコインのレンガ運びとは、トークン取引プラットフォームの価格差(10%を基準とする)を利用して、低価格で購入して、高価格で売り出す、或いは高価格で売り出して、低価格で購入することによって、その差額を利益にすることである。例えば同じ時間で、OKCoinでのビットコインの取引価格は9,225.91だが、ビナンスでは8,565ドルである。

 では、我々はビナンスから購入したビットコインをOKCoinで売り出して、或いはビナンスから売って、OKCoinから購入して、差額を稼ぐ過程を、レンガ運びと呼ぶ。

レンガ運びにはどんな準備が必要なのか?

 1、プラットフォームの差額を儲けようとしているため、各プラットフォーム間の価格を比較して、最も差が大きい二社を見つけないといけないので、まずはたくさんの取引プラットフォームのアカウントを登録しないといけない。例えば、ビナンス、OKCoin、Bitfinex、HUOBIネットなど;

 2、トークン圏の新人にとって、レンガ運びを始める前に、資産配置を整えないといけない、つまり、取引所で事前にビットコイン或いはエテリアムCoinを基準トークンとして用意しておく。中国で買い物するためには人民元が必要で、アメリカとなると米ドルになるのと同じように、自分のトークンを取引所各市場の基準トークンに両替しないと、最も早いスピードでレンガ運びができない。一般的にはエテリアムの振込みはビットコインより早いが、新人の場合はやはりビットコインをお勧めする。

 3、大量な流動資金。

レンガ運びの流れ

 低価格で市場から購入 → トークンの引き出し → 高価格市場に移して売り出す → キャッシング或いは低価格市場に移して更にサイクルする。(詳細な手順は直接公にできないので、質問があればプライベートで話そう)

注意事項

 1、各取引所のトークン引き出し、キャッシング及び入金時間を把握すること。例えば:

 OKcoin:オンライントークン引き出し0.0005BTC/回、キャッシング0.5%。

 ビットコイン取引サイト:トークン引き出し0.001BTC/回、キャッシング0.4%。

 HUOBIネット:トークン引き出し0.001~0.002BTC/回(つまり手数料が多いほどスピードが速い)、キャッシング0.5%。

 2、とりあえず小口でテストする、低価格市場のトークン引き出しができるかどうか、高価格市場でのリチャージができるかどうか、トークン引き出し、トークン振込みにどれくらい時間が必要なのかを確認する。

リスクのご注意

 1、取引所によってトークン引き出しを処理するスピードが違う、取引所がトークンを振り込んでからブロックチェーンの確認を経てからでしか入金できない、トークン引き出しを行っているうちに、二つの通貨の市場価格が逆転する可能性があるので、トークンが入金された時に、差額が消えてむしろ逆差に変わる可能性がある。

 2、コテージトークンの波動が大きくて、収益が高いのだが、取引量が小さいため、もし買い手が見つからなければ、コテージトークンが手元で腐って売れなくなる可能性がある。