インド・タイムズによると、暗号化と金融科学技術業大手のRippleがバーゼル協議のⅢ(国際銀行業の規制)と政府による仮想通貨についてのグループ報告で、インド銀行業に新たな規制の枠組みを構築すると示した。Rippleはまたインド備蓄銀行は現在の仮想通貨の禁止をキャンセルすると予測する。インド備蓄銀行も、今年4月には仮想通貨規制を実施する前に、何も研究や相談が行われていないことを認めている。また、最近の報告書によると、命令による暗号化政策の1つを政府グループが廃止を求める可能性があることも明らかになった。