"日本はアジアの"暗号通貨の楽園 "? 答え:それは、今となっては語りがたい状況になっている。、記事では、 "日本は"暗号通貨天国 "のタイトルを使用して、多くの外国企業を誘致して、その国のブロックチェーンと暗号化プロジェクトを作成してきた。しかし、業界の情報筋によると、現在、日本の金融庁が仮想通貨市場を管理したいと考えているため、同国における仮想通貨市場への参加は挫折している。 日本金融庁は、戦略的方向性を見直した後、盗難防止のための暗号交換に関する調査の実施、詐欺や違法ICOの不正使用の2つに焦点を当てました。彼らは、取引所が基本的な安全措置によって顧客の資金を管理し、Coincheckを含むいくつかの取引所における貧弱な内部統制のために業務改善命令を出しているのが現状だ。 " Tencentファイナンスより引用