ウォールストリートジャーナルによると、関係者は、アメリカ政府の調査者はすでにいくつかのビットコインの取引所に対して、全面的な取引データを提出することを求めている。関係者は、シカゴの商品取引所(CME)は昨年12月にビットコインの先物を発売した。この取引所は4つのビットコイン取引所――Bitstamp,Coinbase,itBitとKrakenの価格の中からビットコイン先物の最終的な価値を得たという。CMEは、4つの取引所が1月の契約決算後に大量の取引データを共有することを要求している。しかし、一部の取引所は、その要求が侵入性があると考えるとして拒否した。取引所は最終的にCMEで数時間の活動データを削減することを要求した後、いくつかのデータを提供する。一日のデータではなく、少数の市場参加者に限られている。CMEの監督機構CFTC(商品先物取引委員会)に失望した。応答として、CFTCはこれらの取引所を呼び出し、データを提出するよう求めた。CFTC当局は、ビットコインをサポートし、これにはリスクがあるが投資に値するプロジェクトだという。CFTCは現在、アメリカの司法部門と協調していますが、司法省は、他の仮想通貨に潜在的な操作があるかどうかを調べています。