エテリアム創始者の「V神」Vitalik Buterinは、エテリアムの内部拡張の解決方案――断片化はすでに完成に近いと打ち明けた。

 Vitalik Buterinはツイターで「断片化は間もなくやってくる」と書き込み、しかも新しいコード倉庫を共有し、その中に所謂「分岐選択ルール」の一部の概念認証が記録され、これらのコードはエテリアム断片化は如何にメインブロックチェーンと交互するかをディスプレーした。

 この前の関係報道のように、エテリアムの断片化はエテリアムをいくつかの並行ネットワークに分けて、全体のネットワークがもっと高効率に拡張できるようにし、エテリアムが現在直面している渋滞問題を緩和するのに役立ち、取引のスピードの工場とコスト削減を実現する。

 情報によると、Vitalik Buterinが発表したツイターは12個の断片化シミュレーション画像を披露した。

 Vitalik ButerinはRedditコラムで、一つの「断片化」したエテリアムに約百個の断片が含まれる可能性がり、全部の断片の容量が何れも大きく、しかもエテリアムメインブロックチェーンに比べると、その数量がもっと多いかもしれない。彼は、権益証明Casperが最終段階に入れば、新しい分配コードをエテリアムと融合させると示した。

 実際は、エテリアムプラットフォームが直面している拡張需要が益々大きくなって、核心開発者のプレッシャーも日々増えつつある。先月、Vitalik Buterinは韓国ソウルのDeconomy大会で演説を発表した時に、現在の拡張の挑戦は、エテリアムの応用を「捩った」と示した。

 現在、Vitalik Buterinはすでに相次ぎついたーで数個の書類を発表しており、その内早期段階の断片化規範が含まれ、これらの規範に基づいて新しいプロトコルの早期フレームを形成した。