Coindeskのニュースによると、支払いサービス大手のマスター(Mastercard)は、ブロックチェーンを使って消費者の支払いを追跡することを検討している。アメリカの特許商標局(U.S. patent and Trademark Office)は先週発表した一連の基本的な特許出願の中で、マスター(Mastercard)は、分布式の帳簿記録P2Pの取引を概説した。そして、組織や組織のメンバーは、これらの情報を使用して、業務過程で仕入れたプロジェクトのログを作成することができる。