シンガポール国立大学ベンチャー管理研究所の所長で、商学院潤和合髪金融学講座の段優泉教授は、仮想通貨の先行きに悲観的な見方を持っているが、ブロックチェーン術には楽観的な期待に満ちているという。ビットコイン現象は、本質的には17世紀のオランダのチューリップバブルのようだが、新しい科学技術の華麗なコートを着て、バブルが崩壊した後にやっと過去のでたらめが察知されます。ビットコインの出現は、ブロックチェーン技術の理解と受け入れを加速させ、バブルは人間社会のプロセスに必要な代価であるかもしれない。