空気トークン、名前を伺えば分かるが、実体のサポートがない暗号化通貨である。しかしどんなトークンが空気トークンに当てはまるのかについて、色んな言い方がある。

 一般的には、もし某ブロックチェーンプロジェクトが単なるトークンを発行する目隠しだけであり、プロジェクトには投入もなくて推進もされていないのであれば、間違いなくこれは空気トークンである。2018年まで、これらの空気トークンは一時ブームとなり、簡単なウェブサイトを作成して、白書さえ作ればデジタル通貨が発行できた、このような空気トークンは短時間で価格が高騰するかもしれないが、内在価値がないので、将来性もない。もっと酷い空気トークンは、サイトも白書も一切なくて、当然あらゆる取引所にオンラインするわけもなく、単純に詐欺、マルチ商法の為に誕生したものであり、必ず警戒しないといけない。

 また、もう一つ狭義的な見解もあるのは、現実生活で目に見えて使用できるアプリケーションがある暗号化通貨は、何れも空気トークンである。この言い方だと、ビットコイン、エテリアム、ビットコインキャッシュなどの知名度が高くて、市場価値も高い暗号化通貨も空気トークンである、この言い方に同感があるかどうかは個人の見解による。しかしビットコイン、エテリアムのような暗号化通貨は、広義的に言えば応用がある、ビットコインは最も価値がある電子通貨であり、それの価値は皆がそれに対する認知度から由来している。そしてエテリアムは現在最大なベース共有チェーンであり、たくさんのプロジェクトがそれに基づいて設立されている。しかし、多くのビットコイン、エリリアム、ライトコインの分岐トークンは具体的な応用も、高い認知度もなくて、確かに空気トークンと標されてもおかしくない。