日本は第2四半期に仮想通貨分野に新たな会計基準を課すことが報告されている。内容としては、仮想通貨がブロックチェーン分野における独特のインセンティブ・メカニズムとなっているが、伝統的な経済に適応する「現実的なインターフェース」を見つける必要がある。仮想通貨価値の多くは、主流の仮想通貨を使用して測定され、主流通貨の価値は依然として法定通貨で測定されます。価値判断では、価値が測定されます。したがって、伝統的な経済と関連して、仮想通貨も現実の世界に適応する必要がある。一つの方法は、現実の世界の基準を適応させる共通の根拠を見つけることだ。 イノベーション基準により、バーチャル通貨は規制問題をよりよく解決するための公正かつ革新的な価値基準のセットを持つことができるようになる。 ゴールデンファイナンスより引用