NGOの価値革命、表面関係から共生関係

 NGOが直面している第二の問題は、組織が緩いことである、「緩い」が形容しているのは管理の緩さではなくて、関係の緩さである。例えば、多くの企業が組合、協会に加入するのは本当に組織の看板をブランドの裏書にしたいが為である;同時に会費を徴収したとしても組織はメンバー事業体にさほどのサービスを提供していない、寄付、賛助などの行為も同様である。名誉裏書以外メンバーはさほど多くのリターンを得られない、これはNGO組織が会員との間に表面上の「表面関係」にすぎない原因である。

 NGOT管理プラットフォームを通じて、会員がデジタル基金の購入と所有自体は一つの価値投資になった。このような理念の普及はNGO世界の「価値革命」を引き起こすことになり、全ての会員がNGO組織と運命が繋がっている「株主」になり、表面関係は共生関係となった。

「脱中心化」は公開、透明な管理モードを創立した。

 NGOTプロトコルに基づいて、NGO組織の政策、帳簿、メンバー貢献、イベント情報などは何れも「チェーン」に記載されて、改竄不可となり、最終的に管理、財務及び選挙などの方面の透明化を実現し、それにより国際社会がNGO組織の公開性に対する心配を解決し、NGO世界の脱中心化の歴史的なプロセスと加速した。

NGOTNGO組織間で流通する「通貨」になる可能性がある

 NGO組織がデジタル基金を発行したあと、デジタル基金会は組織の発展に伴って値上げし、最終的にプラットフォームの共通トークンであるNGOTに兌換して取引所でキャッシングする。NGOTの流通性はNGO組織の応用数量に決められる。現在国際上に全部で5,000件余りのNGO組織があり、わが国で登録しているだけでも70万件ある、そのうちたくさんの影響力が超強い、「自らトラフィック付き」の組織が存在する。これらの組織がNGOTを通じてデジタル基金を発行すれば、ウィ金融団体があちこちで活躍することになり、同時にNGOTの莫大な取引量と億万級のウィ金融市場の形成を意味する。

 NGO領域初の着地したブロックチェーンアプリケーションとして、クロスボーダーの制限がなし、低廉な手数料、振込み時間が早いなどの特徴は、NGOTNGOが世界に向けて資金を募集する主要な通貨形式になるチャンスを与えた。もしNGOT

全ての変革性の構想を製品自身に着地させることができれば、NGO世界における流通性「通貨」になるかもしれない。