仮想通貨のリスクは、資産を著しく減少させる可能性がある。セキュリティに問題があれば、個人や取引所に対してハッキングされる確率が高くなる。

 

加えて言えば、仮想通貨市場に出回っている通貨も重要と供給で価格が決まるため、資産として保有するには著しく難しい。資産というよりも、証券などに近い性質であり、仮想通貨がどのような機能を持っていたとしても、その価値以上に注目を浴びスライのが現状だ。

 

その上でノーブル経済学賞の受賞者ジョセフ・スティグリッツ教授は仮想通貨に対する考えを示した。教授によれば、仮想通貨のすべては活動停止にすべきだと考えているという発言を行った。

 

ブロックチェーンを利用した取引の中には犯罪に関連するものがある。仮想通貨の特性として透明性の高いプラットフォームだけでなく、限りなくプライベートにこだわったプラットフォームも存在しており、実際に監視が非常に難しいものも多い。

 

それを言えば、犯罪に流れる通貨は法定通貨の方が多いものの、プラットフォームを利用する場合その履歴を監視していなければ見通すことができないのは確かだ。もっとも、国によっては仮想通貨取引のすべてを報告する義務まで取り付けていることから、犯罪に利用される件数そのものは減少している。

 

また、仮想通貨を使う必要性がないとまで発言しているものの、金融分野に関しては、ブロックチェーンなどによって既存のシステムよりも優れたサービスを提供できる可能性があると言えるだろう。仮想通貨のリスクは、すでに多くの国が自覚しており、ブロックチェーン技術を使用するにあたっても、リスクを無視した運用は行っていない。

 

実際に、ブロクチェーン技術や仮想通貨のすべてを停止するなどとなった場合は、混乱が生じる企業も多い。今後、ブロックチェーン技術や仮想通貨が世界にとって必要なものか否かは時とともに人々が選択していくだろう。その上で、仮想通貨のリスクとメリットどちらを重視するのか、市場の流れを注意深く見ていくことをおすすめする。