1月14日 月曜日

1.米ワイオミング州 仮想通貨・ブロックチェーンの改革法案が委員会で可決|加速する法整備の動向

  米時間11日、ワイオミング州議会の委員会はユーティリティ・トークンの改正案と金融技術のサンドボックス法案を可決した。米国内で仮想通貨・ブロックチェーン技術のイノベーションを推進するための法整備の動きが多く見られる。

  ✩✩✩✩✩

 2.コンスタンティノープル・フォーキング前にイーサリアム・ハードフォークを行う|匿名者による

  PPoW開発者を名乗る匿名者「Ikmyeong Na」によって、イーサリアムプロジェクトノードはすでに起動している。Ikmyeong Naは、プロジェクトGethクライアントとEsereel基金の仕事の基礎に基づいて、すでにローカルプロジェクトのEPoWを採用したエーテルの代わりにノードを作成して、マギタヌンブルクのアップグレードをコードライブラリ以外に排除すると主張した。参照元

  ✩✩✩✩

3.韓国政府、ブロックチェーン産業にも減税措置を拡大|仮想通貨取引所のセキュリティテストなどにも積極性を示す

  韓国政府は、減税措置の適用を、ブロックチェーン産業における企業にも拡大することを決定した。新たに追加が決まったR&D(Research & Devlopment)税額控除対象の16の分野にブロックチェーンが含まれている。参照元

  ✩✩✩✩

4.世界初、仮想通貨XRPを海外送金に利用する銀行の重要性とは

  Euro Exim Bankがリップルネットへ加入を表明し、銀行では初となるxRapidと送金時の仮想通貨XRP利用を米第一四半期に開始する発表した。同行の運営部長Graham Bright氏はリップル社の送金技術の利点として送金スピードと透明性の2点を挙げ、競合他社との違いを強調した。参照元

  ✩✩✩✩
5.NASA、航空交通管理に「ブロックチェーン」の活用を提案

  米航空宇宙局(NASA)が、航空交通管理へのブロックチェーン技術導入を検討していることが明らかになった。実現する場合、Linux財団によるブロックチェーンプロジェクト「Hyper ledger Fabric」が採用される見通しだ。参照元

  ✩✩✩✩

6.仮想通貨マイニング最大手のビットメイン「米テキサス巨大マイニング工場の建設計画」保留|地元のラジオ番組報道

  世界最大手マイニング企業ビットメインは、テキサス州ロックデールでの巨大ビットコインマイニング工場の建設計画を保留していることが、地元の裁判官から明らかとなった。参照元

  ✩✩✩✩

7.51%攻撃によって盗まれた仮想通貨、被害報告の取引所へ返還|ホワイトハッカーによる脆弱性への警告か

  仮想通貨取引所Gate.ioは、取引所Coinbaseの報告により発覚した仮想通貨イーサリアム・クラシック(ETC)に対する51%攻撃を行なった攻撃者から、被害にあったETCの一部が返還されたことを発表した。攻撃者はなぜ51%攻撃を行なったのか、まだその真相はわかっていない。参照元

  ✩✩✩

8.「仮想通貨が合法か違法かまだ決定していない」|マレーシア大臣

  マレーシア政府は、仮想通貨を合法にするかどうかまだ決定していない。マレーシア連邦直轄領省のカリッド・アブダル・サマッド大臣は、仮想通貨が違法か合法かという問いかけに対して次のように答えた。「現時点で答えは、合法でも違法でもない。まだ不透明な状況が続いているからだ」。参照元

  ✩✩✩

9.楽天傘下の仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」4月より新たなサービス開始へ

  楽天グループ傘下の「みんなのビットコイン」は、既存のサービスを3月31日に終了し、4月から新たなサービスを始めると公式で発表。金融庁が「仮想通貨交換業者」の登録審査を行なっている中、同取引所の動きは注目される。参照元

  ✩✩✩

10.仮想中国政府、ブロックチェーン企業対象の検閲法案を公布|「分散型」の発展とは

  昨年10月に素案が発表され、中国のブロックチェーン規制強化の一環として、政府による検閲と、ユーザーデータ収集および情報提供が求められる可能性が懸念され、注目を集めていた「ブロックチェーン情報サービス管理規則 」が、1月10日、公布された。参照元

  ✩✩✩