韓国は、規制を緩和させつつある。一時期は中国と等々程度の規制が行われとみられていたものの、実際のところブロックチェーンや仮想通貨に対する禁止措置はなく、国を挙げてブロックチェーン大国どうなろうとしていることが韓国政府の姿勢からもはっきりとわかると言えるだろう。

 

その上で、2019年4月4日Binance のCEO であるCZ 氏は、韓国の規制が緩くなった場合、Binance も進出を検討すると発言している。法人そのものの設立は、韓国政府も禁止しているわけではない。しかし、銀行と連携をとる同なってくると韓国では、連携をとりづらいのが実情だと言えるだろう。

 

ハッキング被害に遭ったBithumnbやupBit 以外では、法定通貨による仮想通貨との交換が不可能だ。Binance の影響力の高さからすれば、法定通貨が使用できなかったとしてもそれなりの影響力はあると予想できる。しかし、Binance の計画としては韓国では法定通貨を使用して仮想通貨を交換することを望んでいると言えるだろう。

 

韓国では、ブロックチェーン技術を使用した取り組みが非常に多い。韓国の大手企業であるサムスンや通信企業であるKT などもすでにブロックチェーンサービスを意識した製品作りやプラットホームを立ち上げている。加えて言えば、韓国国内の大手企業はアメリカなどのお礼と企業と提携を行った上でブロックチェーン技術を活用している。

 

加えて言えば、サムスンなどでは子会社であってもIBM と提携し、ブロックチェーン処理を向上させる技術の開発や教育に至るまでブロックチェーン技術の活用がニュースとして非常に目立つ状況だ。

 

 

韓国の仮想通貨取引所で言えば、Huobi なども日本に上陸することを発表しており、すでに規制委員会の一員となっている。そのため、韓国のブロックチェーン対する技術力は国単位で向上していると言っても過言ではなく、今後も間違いなくブロックチェーン技術を全面的に押し出してアピールを行い続けるだろう。

 

もちろん、韓国としてはブロックチェーン技術を産業として扱うことから今後金融機関と仮想通貨取引所のやりとりがさらに活発化する1可能性は十分にある。そのため、現在の規制内容ではBinance のsince は難しいものの、今後の規制内容の緩和次第では韓国にBinance が拠点を持つといった可能性が十分にありえると言えるだろう。