全体のETHの日線は依然として9ヶ月近くの上昇通路の区間で運行しています。上昇構造は完全で、最近の量エネルギーの規則性が縮小されています。前の段の横皿の弱い揺れのレベルに縮小されました。図形上では、だんだん通路の下に近づいてきて支えています。容量が破れると同時に長期的な趨勢を崩しても支持されます。次の調整力は大きくなります。現在の量によって直接的に破れる可能性は大きくないです。近いうちに三角の末端にあると予想されます。周期的な推計は8月18日までに大変盤を迎えます。長線は未破壊の趨勢に支持される前に、継続します。硬貨は値上がりします