フィデリティは、世界有数の資産運用会社だ。資産運用額においては、2.1兆にも上り、小規模国家の国家予算に匹敵するほどである。そして、フィデリティは、仮想通貨市場において不足しているとされるカストディサービスの開始を発表していた。

 

カストディサービスは簡潔に言えば、資産預かりサービスでありフィデリティほど大規模な企業が同サービスを行うことはこれまでなかった。しかし、フィデリティが参入することにより、機関投資家が仮想通貨市場に対して参入しやすくなるというメリットが発生する。

 

そして今回、フィデリティは時価総額の上位にあたる通貨を追加で提供サービスのラインナップに加える可能性を示唆した。

 

・フィデリティの仮想通貨サービスと仮想通貨の時価総額

仮想通貨の時価総額は、実は1年ほどで大きく入れ替わっている。実際に、ビットコインがトップであることは変わらないものの、イーサリアムが3位に後退、リップルが2位までに浮上しており、4位にはステラが位置している状況だ。

 

また、テザーなどのようなステーブルコインについては、現在の所フィデリティから言及はない。しかし、多くの仮想通貨取引所が急速に対応し始めたこと、時価総額でも上位にランクインしていることから、将来的にはフィデリティのカストディサービスの対象になる可能性がある。

 

フィデリティが優先項目としてあげているのは、時価総額の大きさだ。時価総額が大きければ、大きいほど仮想通貨の市場に対する影響力が高い為だ。そして、優先的に影響力のある通貨に対するカストディサービスを提供することによって、フィデリティのサービスに対する信頼度も飛躍的にあげることが可能となる。

 

リップルに対しては、SECとの協議において有価証券にあたるかどうかについていまだに決着はついていない。仮に有価証券となれば、フェデリティはリップルをラインナップから外すことになるだろう。そして、仮に有価証券となった場合、市場に著しい混乱がもたらされることになる為、注意が必要だ。