今年の10月25日、中央テレビ「ニュース聯播」は政治局がブロックチェーンの技術発展の現状と趨勢について第18回の集団学習を行ったというニュースを放送しました。その日のビットコインの価格は明らかに上昇し、一時は20%を超えました。
その後の数日間でビットコインの価格も上昇し続け、最高1万ドルを突破しました。
しかし、政府の各部門のブロックチェーン産業政策の登場につれて、市場上の投機投機が盛り上がり、各種ブロックチェーン詐欺局が復活し、ブロックチェーン産業の正常な発展に深刻な影響を与えました。
11月中旬になると、新華社などは仮想通貨の投機リスクを警告し始めた。その後、上海の相互資金整備弁、中央銀行の上海本部、深センの相互資金整備弁なども具体的な監督管理目標と細則を発表した。
現在、ビットコインの価格はすでに1万ドルの段階的な高位から7千ドルまで下落しました。
同時に、中国は公式のデジタル通貨の研究開発のペースを加速しています。
中国の投資市場に対する監督管理は、全体としては2つのレベルに分けられています。一つは断固として不法金融を取り締まることです。一方で、市場の多様な需要を満たす投資基準をもっと多く打ち出します。
中国の公式デジタル通貨の登場は、ある程度、多くの投資家がデジタル通貨に対する好奇心と初歩的な需要を分散させ、特貨などのデジタル通貨に対する大衆の投機と支持を低下させます。
私たちは役人や学者の観点から分かりやすいです。
まず一つは、中国が公式のデジタル通貨を発行する最初の大国になるべきではないです。
これに対して、国際通貨基金の朱民前副総裁は、「デジタル通貨の発行については中国が第一位を争う必要はない」と述べました。
中央銀行の総裁の易綱も、数字の貨幣を発行して時間表がないと表しています。
しかし、いくつかの学者がいます。例えば、黄奇帆は人民銀行のデジタル通貨に関する研究は五六年もあり、成熟傾向にあると表しています。
中国人民銀行は世界で初めてデジタル通貨を打ち出した中央銀行の可能性が高いです。
もう一つの論争は、中央銀行のデジタル通貨が、いったいどんな役割を果たしているのかということです。
いくつかの観点は、中央銀行のデジタル通貨は人民元の国際化に対する一種のプッシュであり、米国の金融の覇権に対する戦略的な対応であり、国内に立脚して世界に目を向けるべきだと考えています。
例えば、黄奇帆は未来において、ブロックチェーン技術に基づく世界的な支払い清算システムを確立することが不可欠であると考えています。一方で、中心化した金融の覇権行為を抜け出して、各国の金融安全を促進します。
しかし、元中央銀行の周小川総裁は、デジタル通貨の国際化に反対しています。
周小川さんは人民元の国際化は「早産児」だと思っています。
現在の中央銀行の全体的な推進から見れば、中央銀行のデジタル通貨は依然として主に国内に集中しており、つまり現金の代替作用がある。
したがって、私の分析によると、現在は中国の公式デジタル通貨に影響を与える2つの力があります。1つは比較的保守的で、例えば周小川、中央銀行総裁の易綱などです。駅の位置が違っていますので、彼らは必ず全体としてこのことを考えています。中国はまだ資本の自由化に向かっていないです。デジタル通貨の発行には、必要です。一連の一連の一連の監督管理問題に対応しなければならない。
もう一つの力は国際市場のデジタル通貨技術に基づいて発展する楽観派であるべきです。中央銀行のデジタル通貨実働チームと黄奇帆のように国家戦略の観点から、デジタル通貨がより多くの国際戦略的役割を発揮できるようになることを願っている学者です。
しかし、問題のポイントは、中国が将来的に世界に溶け込まなければならないことです。ドルの安定貨幣に基づいて、つまりインターネット大手フェイスブックが主導するlibaが必ず来ると確信しています。
その時、全世界の支払い市場は新たな変化が発生し、政治局の集団学習によって提出された要求に従って、中国は多くのブロックチェーン領域の基準を主導して制定する必要があります。国際市場を支持しないと、ブロックチェーンが最も戦略的に適用されたデジタル通貨の支持がないと、世界的な影響力を確立するのは難しいかもしれません。
したがって、公式の数字通貨は、国内市場に基づいていますが、長期的には、いくつかの金融面での政治的な懸念があるので、デジタル通貨自体の国際的な属性を制限する必要があります。
FRBの前会長のグリーンスパンは、経済問題ではなく、デジタル通貨を発行するかどうかは中央銀行の政治だと述べた。
現在のところ、中国、ヨーロッパ、日本などの国は、世界の社交世論の分野で、すでに米国が主導しているソーシャル世論との差が開いています。中国はツイッターやフェイスブックなどを拒否せざるを得ません。ヨーロッパは米国のインターネット大手に対して様々な罰を加えざるを得ません。しかし、多くの社会問題、政治問題、主導性は依然として米国のソーシャルメディアにあります。
将来的にFacebookなどが世界の数十億人のユーザーに基づいて、さらにデジタルマネー決済システムを拡張すれば、このようなユーザーの粘りがもたらす世界的な社交世論と金融の覇権は、結合されます。
そのため、ヨーロッパも数字通貨に対する見方を変え始めています。フランスの財務相はEUが公的な数字通貨を持つべきだと考えています。
ドイツ財務相は、国家の核心的主権の一つは通貨の発行であり、私達は個人会社に残してはいけないと述べました。
最後に、中国の数字通貨が早く出てほしいです。これは紙幣の誕生や中央銀行の発明に劣らないです。