中国の鉱山メーカー、嘉楠耕智は2019年11月21日、最高経営責任者の張楠連続で鐘を鳴らすと、正式にナスダックに上場しました。
この企業は中国で初めて成功した鉱機企業と言われています。
彼らは以前、より影響力のあるビット大陸も香港に上場しようと試みましたが、様々な原因で成功しておらず、すぐに「内戦」に陥りました。
数字の貨幣の業界内の多くの人はよく鉱夫を業界の一番上と見なしています。見たところ、ほとんどの資金が続々と鉱夫に向かって押し寄せています。1台のビットコインの鉱山は多くの人の目から見れば、「紙幣印刷機」のように不思議です。鉱山まで買えば、財産がもうもうと来ることを意味しているようです。
ビットコインの価格の大きな変動は、鉱夫たちの大きな悩みです。
いわゆる「ビットコイン鉱山」とは、ビットコインアルゴリズムのために設計されたコンピュータで、チップはこのアルゴリズムのためにカスタマイズされたものです。
中本聡が設計したアルゴリズムによると、ビットコインは2009年1月3日に誕生し、開始時は10分ごとに50個が発生し、この生産速度は約4年間維持でき、その後は4年ごとに半減される。
第1回の半減は2012年11月28日に発生し、1050万ビットの貨幣を掘り出すと、ビットコインネットワークは10分ごとに25個発生します。
第二の減少は2016年7月10日に発生し、総量が1575万個に達した時(新たに525万個、つまり1050万個の半分が発生しました)、再び10分ごとに12.5個の生産を半減しました。
現在の速度から推測すると、再び半減する時間は2020年5月ごろに発生します。
生産量が急激に減少し、需要が変わらないと、価格は必然的に上昇します。これは現在のビットコインの多くの投資家の主要なロジックのようです。だから、業界内では2020年にはいわゆる「半減相場」が出現するという見方がかなりあります。
そこで多くの人が次々と投入したり、ビットコインの採掘に対する投資を増やしたりして、ビットコインの計算力が持続的に増加しています。
もし7200ドルのビットコインの価格で計算すれば、現在のビットコインの生産速度(12.5個の10分)で、1年のビットコイン鉱山は約47.3億ドルのビットコインを生産します。ビットコインの現在の良好な流動性を考慮すれば、なぜビットコインの採掘にこんなに多くの資金が投入されるのか不思議ではありません。
まず、いわゆる「半減相場」について、ビットコインの価格の動きを観察すれば、ビットコインの上昇は少なくとも半年か一年後に現れます。そして、ほぼ一年後にピークになります。これまでの2回のピークは2013年12月と2017年12月です。
このような長い遅延に対して、ビットコイン相場と半減との間に必然的な関連があるかどうかは疑問です。
少なくとも2017年12月のピークについては、ICOブームによって大量のホットマネーがデジタルマネーに流入し、業界の大きなバブルを引き起こしたという見方が一般的ですが、基本的にビットコインが半減されるかどうかはあまり関係がないようです。
2013年の年末のピークでも、ビットコインが2012年11月に半減されたことに関連して、単独の孤児案では2020年の半減は必ずビットコインの狂乱をもたらすという十分な理由があるようです。
しかし、結局、多くの資金が鉱山の製造に狂おしく投入され、ビットコインの生産コストが急速に向上しました。
ビットコインの半減はコストをさらに驚くことになるので、ビットコインのコストが高くなるため、ビットコインの価格が高くなると考える人もいます。
これは明らかにもう一つの納得できない理由です。どんな商品の価格もこれまでとコストも強く相関していません。価格を決めるのは永遠に需給関係です。市場が必要でない或いは必要でないなら、いくら高いコストでも価格を支えられないです。
いずれにしても、「半減相場」は2020年に必ず出現すると信じている人が多いようです。そして、多額の資金を投入して、ビットコイン鉱山を購入して、掘削を開始します。
どれぐらいの資金が投入されているかは分かりませんが、急速に増加した計算力データはすべて説明されています。
今年6月以来、ビットコインネットワークのハッシュ率は80%増加しました。
デジタル資産管理会社のCoi Shaesの最新報告によると、中国のビットコイン鉱夫は現在、世界の66%の「計算力」を支配しています。これは6月の中国のシェアが60%を突破して以来の最高値です。
Coi Shaes社の研究主管クリス・ベンディクソン(Chis Bedikse)によると、中国の鉱夫の計算力成長は中国がより先進的な採鉱設備を採用したためかもしれないという。
Coi Shaesはまた、世界で最も重要なマイニングセンターは中国の雲南、新疆、内モンゴル、四川省に位置しており、四川省は世界のハッシュ率の半分以上を占めていると述べた。
その他のセンターは米国、ロシア、カザフスタンなどに分布しています。
同社は、ビット大陸などの中国企業が生産した鉱機チップが輸出しやすくなるにつれて、ビットコインの計算力が世界各地でより均一に分布すると予想している。
現在のネット全体の計算力は95 Eぐらいで、しかも現在の増分速度によって計算します。今後数ヶ月間の計算力は10 E-15 Eのスピードで急速に上昇する可能性があります。来年の半減時に、計算力は記録的な140 E-150 Eの間に達するかもしれません。
ビットコインの価格が7200ドルで維持されれば、採掘業界の総利益は半減後、約3600ドル(72002)の水準に戻るという意味です。
前回のビットコインの価格が3600ドルぐらいの時、ネット全体の計算力は40 E-45 Eの間だけです。
これは、ビット鉱山を前例のない圧力に直面させ、最終的には鉱山メーカーに圧力を伝達する恐れがあります。
嘉楠の徴収価格は9ドルで、初期供給量は1000万円で、調達金額は9000万ドルです。
12月13日現在、価格は5.71ドルまで下落しています。37%近く下落しています。これによって、投資家は将来の鉱山業務についての懸念も見られます。
ビット大陆や天然石机に対し、嘉楠耕智の株価が下落していることにより、多くの注目を集めることはないだろう。
最近ビット大陸の呉忌寒さんは一連の操作を通じて会社のコントロールを再獲得しました。ジェック団はいいことができないと表明したようです。
12月15日、メディアによると、神の鉱山の創始者である楊作興氏は職務上の侵害で司法機関に起訴された。
しかし、今の業界の状況を見る限りでは、多くの人が「半減相場」に対して大きな期待を抱いています。
しかし、市況が予定通りでないと、ビットコインの鉱業全体に大きな圧力がかかり、これまでにない「鉱難」が発生する恐れがあります。
最大化された投資収益は、投資品種の基本面が変わらないまま、長期的に保有することである。