ゴールド財経ビットコインは7月12日にFacebookで暗号化された通貨「Liba白書」を発表した後、多くの業界関係者の注目を集めています。デジタル通貨分野の「FRB」になると考える人もいれば、銀行口座がないユーザーの「福音」になると考える人もいます。
しかし、本論文ではFacebookの野望は「次世代SWIFFT」の構築にあると考えています。
次に、金色の財経を皆さんと一緒に本文の新しい観点を探ってみましょう。
1、Liba、CalibaとFacebook Libaの最も重要な使用例はCalibaで、それはLiba生態システムの中で全世界の支払いをサポートするために設計されたデジタル財布です。
CalibaはFacebookの子会社であり、FacebookがLibaに託した大きな期待と雄志を明らかにしています。
疑いなく、Facebookは27億人のユーザーを持つグローバルな情報ネットワークを主導していますが、彼らは明らかに現状に満足していません。既存の利点を他の分野に広げます。グローバル価値ネットワークです。
Facebookの財務報告によると、2019年第1四半期の広告収入は149.12億ドルで、全体の収入の99%近くを占めています。
同様の状況は2018年にも発生しています。下図のようにFacebookは2018年の四半期ごとの広告収入がその総収入の大きな一部を占めています。
また、2019年第1四半期にFacebookのモバイル広告収入が93%を占めていることが分かります。これらの数字は二つの問題を表しています。第一に、Facebookの広告潜在力は飽和状態になりました。今はもう一つのルートを増やして、巨大なグローバルユーザーネットワークから「お金を稼ぐ」ことになりました。Facebookは、広告業務の重点をモバイル端末(モバイルアプリケーション)に置き続けるかもしれません。このチャネルは大きな収益を得ることができると証明されています。また、現在は断トツにリードしている媒介チャネルです。
上の図:Facebookは2018年と2019年の第一四半期の財務報告の上の二つの問題です。ちょうどカリバーが解決したいのです。
カリバの使命は一人一人が通貨をよりよく使うことです。独立したアプリケーションとして動作しますが、WhatsAppやMesseegeなどのFacebookプラットフォームにも集積されます。
Calibaウェブサイトで公開された有限情報によると、Facebookは数十億人のユーザーに信号を送っています。人々(ひいてはグローバルビジネスサービスプロバイダ)間の資金の流れがより面白くなり、社交的になり、より簡単になり、より速くなり、コストも低くなります。
2、既存のグローバル決済はカリバーがどのように世界的に支払われているかを見ると、全く別の体験と感じられます。面白い、社交的、簡単、快速、低コストです。
ほとんどの人にとっては、既存の支払サービスではこれらの体験は難しいです。これはなぜ世界的な支払いにおいては、常に冷たい用語しか聞こえないですか?
国内送金と違って、国境を越えた送金はもっと複雑です。その中で多くの銀行と清算所の参加に関わるかもしれません。まして取引情報を提供することによってグローバル取引を促進するグローバル同業銀行金融通信協会(SWIFT)はその中で隠れた役割を果たしました。
下の図は世界経済フォーラム(Wold Ecoomic Foum)が2016年8月に発表した「金融インフラの未来」(The Fute of Fiacial Ifastuctue)の中で、現在の世界的な支払いに関する主要な痛み点についての分析図です。中には国境を越えた支払い取引に関わる利益関係者の数が多く、しかも流れが長いことが分かります。送金取引は高くて、時間がかかります。
全当事者の中で、グローバル同業銀行金融通信協会は彼らにクロスボーダー送金に関する受信、または送金標準化メッセージサービスを提供することによって、世界銀行間の格差を埋める。
したがって、私たちが送金する場合、クロスボーダー取引には通常「SWIFFTコード」が必要です。
1973年、グローバル同業銀行金融通信協会は15カ国から239銀行で設立されました。世界資金の移転には基本的に二つの基本部分が必要です。銀行とグローバル同業銀行金融通信協会ですが、どのビジネスモデルも各取引処理に高いコストと長い時間が必要です。完了
3、全く新しいグローバル決済は全世界同業銀行金融通信協会が設立されて46年後、多くのことが変化しました。多くの革新も今のようなグローバル決済の原動力となりました。取引コストを低減してユーザーを満足させ、ユーザー満足度を向上させると同時に、他のところでの収益を模索する。2、支払い会社は先進的な技術と優れた製品チームを持っている。技術の普及応用によって、人々は時間と空間の制限を受けないで、もっと便利で、もっと簡単にサービスを得ることができます。第一世代暗号化貨幣として、ビットコインはすでに世界にブロックチェーン技術を使って価値交換方式のメリットとして展示されています。
これはなぜですか?Libaは白書の冒頭で、現在の貨幣システムと金融インフラが競争力を失っているという問題を明確に提出しました。ブロックチェーンは、間違いなく貨幣と金融特別項目の解決案を助けるのです。
Libaが演じるのは、環球同業銀行金融通信協会の役割であり、「もう一つのSWIFFT」となっています。今回、Libaの革新は、サービスの対象は銀行だけではなく、銀行、会社、非政府組織、学術機関、個人が参加できるようにすることです。
Libaは最初に問題の暗号化された貨幣を解決しようとしたのではありません。(最後ではないかもしれません。)暗号化されたトークンがたくさんあります。特に安定貨幣はこの問題を解決しようとしましたが、今までは一部の問題を解決しただけのようです。
先行する安定貨幣USDT、USDC(CCiceとCoibaseによって提供される)、TueUSDとDAIを例にとって、彼らは全世界の支払いの唯一、または最高優先になっていません。これらの安定貨幣の最も一般的な使用例は依然として取引とヘッジに限られています。
カリバは他とは違った表現を見せてくれます。それはお支払いを業務の唯一の核心機能としています。
4、市場価値を展望して上記の判断に基づいて、カリバーの出現によって別の問題を引き起こしました。この新しいグローバル決済サービスにとって、市場は一体どれぐらい大きいですか?世界銀行のデータによると、2017年に世界クロスボーダーで支払った資金の総規模は6130億ドルに達し、この数字も世界の支払い市場の一つの「風向標」である。それは送金取引だけを反映しているからである。このような取引方式を選ぶのは時間がないからです。もし送金取引やメールの発送が写真のように便利であれば、市場規模はきっと爆発的に増加します。
特に、取引コストが低くなって(なくても)、スピードが速くなり、ユーザー体験も面白くなり、簡単になったら、取引頻度がもっと高くなります。全体的な規模ももっと大きくなります。
Libaはきっと新しい市場を開拓します。その中にも今日は見られない新しいチャンスがたくさんあります。
例えば、国内最大の支払プラットフォーム、騰訊のWeChat支払いは毎日10億人以上のユーザーに5億件の取引を処理します。
カリバにとっては、世界で27億人のユーザーがいるネットは大きな取引数量をもたらします。将来の成長もきっと私達の想像を超えます。
CalibaとLibaが成功すれば、Facebookは単なる社交プラットフォームではなく、多くの他の業務に追加され、多くの企業間の相互作用やビジネス機会を創出します。協力会社をLiba協会に入れることも含めて、Libaのパートナーとなります。
本文はMediumから訳します。