8月26日午後、デジタルマネーの財布は特派チームより発表された「imtokeは直ちに偽造をやめてください」という文章で、imToke DEXの99%の日活と大部分の取引量は全部うそであると述べました。
記事では、imToke_DEXが偽装の疑いがある過程を指摘しました。0 x 4 B...1795?主要な偽造住所のために、この住所は時間ごとに数の違いがあるエーテル坊を受け取ります。その後、この住所は金額をばらばらにして、大量のトランペットアドレスに移動します。トランペットはどこに行きますか?imToke?DEX?取引、製造の活発度、取引量の増加の仮称象を作ります。
しかし、事件は今朝逆転しました。
特別派より、imTokeブラシ事件に関する更新説明を発表しました。
最新の説明では、ビットは昨日の記事の投稿後、あるCXプロジェクトが崩壊した後、再び復活した可能性があるというユーザーの書き込みがありました。
様々な情報チャネルを通してさらに情報を収集し分析したところ、一部の異常取引は当該CXプロジェクトと関連がある可能性があることが分かりました。単純にブロックチェーン上のデータに基づいてCXとブラシの量を区別できないので、やはり特別に更新説明をしたいと思います。
また、比特派は真相開源を呼びかけています。偽データに反対する理由はいずれも偽の開源とデータ偽造行為が業界に害を与えないようにしたいからです。この過程で、もし本当に誤ったと判断したら、私達も明らかにします。本当にCXです。ブラシ量がないと、ビット派も判断ミスに対して謝罪します。
判断が正しければ、特派よりも堅持します。例えば「偽の開源」です。それはやはり実現できなくなります。依然として「偽の開源」を使って虚偽の宣伝をしないようにお願いします。
問題が発酵してから今日の午前中に特派より更新説明を発表しました。imTokeチームはまだ正式な返事をしていません。午後6時30分ごろまでです。
データの成長の主な源Bit-ZはimTokeの応答の中で、直接に特派より悪意のある中傷を指しています。imTokeとTokelo(imToke DEX)は何の偽造もありません。
Tokeloはオンライン以来、どれも本当のユーザー取引です。その中の80%近くのユーザーはKYCの要求がある中心化取引所から来ています。本当のユーザーとしても理解できます。
第三週のデータ成長のユーザー源は取引所(主にBit-Z)のユーザーがimTokeに現金を提示し、さらにTokeloを貨幣として両替します。一部は振替の鉱山労働者費を支払うために、ブロックチェーンゲームに参加します。
特派が告発した「偽造住所」はBit-Z取引所の住所です。
imTokeが提供するデータファイル:https:docs.google.com speadsheets d 1 bZ-dQ 2 gjwE 0 fVfZR 8 tRKMB 8 alGla 9 T 2 yMIFRL PBUedit?usp=shig現在、imTokeは安全会社のPeckShieldにアドレス認証を完了してもらいました。
また、imTokeはDEXも同様に「8-2」の原則に従って、80%の取引量は20%の大口のユーザーから来て、新しいユーザーの急増はTokelo活発なユーザーの急速な成長をもたらしています。この部分のユーザー取引量は貢献が少ないですが、ユーザーの粘りと製品体験が取引量そのものより大きいことに関心を持っています。
コアコードのオープンソースは、特別派が提示した「オープンソースの偽装」について、imTokeは2018年10月24日にコアコードのオープンソースを発表しました。iOSPAdoidコアコードのオープンソースを指します。
加えて、元の機能のソースコードは、EOSの投票ツールStkeVote、中心化取引所の機能に行くTokelo SDK、?TokeCoe(imTokeアプリケーションで財布の秘密鍵を管理して維持する部分に属します)が含まれています。
imToke注:imToke 1.0 Androidのバージョンは、各大アプリケーションストアでダウンロードされた量(公式サイトとiOSバージョンからのダウンロードを除く)は、imTokeが提供した情報に基づいて、2018年10月24日までに、この部分のコードの信頼性と安定性はすでに生産環境で700万人以上のユーザーの検査を受けました。
同声明の発行時点で、imTokeの累計設備数は915万を超え、日活設備は20万以上安定している。
imTokeの応答については、金の財経は再びビクターの創始者である文浩に連絡しました。彼は基本的にはやはり彼らが今朝送った説明です。
確かに、ブロックチェーン業界はまだ若くて、その中に参加する個人ごとに、この業界に大きな上昇空間があると信じている理由があります。
実際には、今後10年間を展望してみると、今でも一番粗い段階にあるかもしれません。
このような粗い不完全な状況では、成長が必要であり、理解が必要であり、お互いの監督が必要である。