ビットコインが誕生した十数年前、1994年、コンピュータ学者、法学者及び暗号学者ニコスザボは初めて知能契約の概念を提出しました。
簡単に言えば、分布式の帳簿でもともと契約を貯蓄しますが、残念なことに、当時は適切なキャリヤーが実現していませんでした。
2008年の中本聡「ビットコイン白書」の発表とエーテル坊の創建に伴い、スマート契約は構想から現実になりつつある。
?ブロックチェーンの技術に頼っているエーテル坊もオープンソースの知能契約機能を持っていますので、これによって誕生したエーテルドルは一挙に市場価値第二の暗号化貨幣となり、ビットコインに次ぎます。
エーテル坊は「第二世代のブロックチェーンプラットフォーム」とも言われています。
?知能契約は特殊な契約としてブロックチェーン内で契約を制定する時に使用されます。その中にはプログラムコード式(Fctio)が含まれています。他の契約と対話して、意思決定、資料の保管、及びイーサドルの転送などの機能もあります。
主力は契約内で締結された条件を検証し、実行し、第三者がいない場合に信頼できる取引を行うことができます。これらの取引は追跡でき、かつ逆転できません。
?スマート契約のメリットも明らかです。
ブロックチェーンに保存されているため、改竄できない安全性を持っています。流れはコードによって完成されています。伝統的な業務プロセスに比べて、取引効率が大幅に向上します。
しかし、彼の欠点は非常に顕著であり、その追跡可能な特性のため、事実上の取引内容は完全に匿名になることはできません。
これはまた、安全性やプライバシーに対する懸念を抱かせている。
?東京から来たQuals社は、ソリューションとして暗号化契約を提供してくれました。
Qualsブロックチェーンは、仮想マシン層を含み、ユーザーはこれを使用して、C aaaで作成されたスマート契約を展開することができる。
Qualsは、2つのタイプの匿名取引、すなわち、完全に匿名であり、部分的に匿名である。
完全な匿名取引とは、送信者の住所、受信者の住所、送金金額など、すべての取引情報を隠すことを意味する。
一部の匿名取引とは、取引情報の一部が匿名であり、例えば送信者のアドレス、受信者のアドレス、または送金金額が隠されていることを意味する。
ユーザーは自分の要求によって異なる機能を実現することができる。
?QURASブロックチェーンで直接にデジタル契約以外の契約を作成することもできます。
言い換えれば、すべてのプラットフォームを提供して、QURASスマート契約言語を使って独自のスマート契約を開発して、QURASブロックチェーンで実行することができます。
知能契約の構造はQURAS知能契約VMによって提供されるOpcodeの組み合わせと見なすことができます。
ユーザーのスマート契約をコンパイルすると、Opcodeからバイトコードに変換されます。
私達のQURAS開発チームは引き続き定期的に知能契約VMを更新して、ユーザーに便利な知能契約の創建環境を提供します。
?長期的に見れば、知能契約は間接原価を低減し、透明度を提供し、時間を節約することができます。必ず技術発展の重要な方向になります。
科学技術の発展はいつまでも問題解決の過程です。
知能契約の透明性はその特徴であり、痛みにもなります。
東京からのQURASが提供する暗号化契約は選挙、後方勤務、管理、銀行システム、保険、不動産、モノのインターネットなどの分野で大衆により安全で便利な解決策を提供しています。
?QURASに関する情報をもっと知りたいなら、中国語サイト?https:quas.iocsにアクセスしてください。